よなみね耳鼻咽喉科

院内設備紹介

電子スコープ

CCDカメラが、ファイバーの先についており、喉頭や鼻腔内、また鼓膜所見を詳細に観察することができます。また、液晶モニターに画像が映し出され、患者さん自身も病変を見ることが可能です。


拡大写真は こちら

電子カルテ・画像ファイリングシステム

患者さんの情報はすべてコンピューター上で記録、管理されます。これによりスムーズに過去のデーターとの比較が可能となります。 電子スコープや顕微鏡で観察した画像をここに取り込み、患者さんごとに保存されます。このシステムにより病変の治療前治療後の状態を比較することが可能です。


拡大写真は こちら

処置用顕微鏡

鼓膜所見を拡大して観察、鼓膜形成術などの手術、処置を行う際に用います。


拡大写真は こちら

高周波凝固装置

アレルギー性鼻炎の治療として、レーザー治療というのが、一般に広く知られていますが、当院ではレーザーはもちろん、レーザーよりも更に高性能と言われる【高周波凝固装置・セロン】という最新式の医療機器の2つを設置し、鼻炎などの治療をおこなっております。セロンとは従来の高周波とは異なり、低侵襲のラジオ波を用いた装置です。レーザー治療との違いは、セロンを使用した治療のほうが、レーザー治療よりも、再発率が低いということです。つまり、高周波メスによる治療は、レーザー治療の欠点を補ったものです。十分な局所麻酔によりほぼ無痛で行えます。アレルギー性鼻炎における鼻づまりでお困りの際には、鼻腔粘膜をこの装置を用いて凝固することにより鼻づまりの改善が期待できます。もちろん従来のレーザーでの治療も出来ますので、患者様のご希望や状態に合わせてより良い治療法をお選びいただけます。


拡大写真は こちら

エコー

甲状腺、耳下腺などの腫瘍疾患、あるいは、頸部の腫脹などの診断を行う場合に用います。痛みのない非侵襲的な検査です。甲状腺の病変などはわずか数mm単位のものでも発見することが可能です。


拡大写真は こちら


患者様をお待たせしないようにするため、
当日のみ順番予約システムでの順番予約を承っております。
当院の最新設備の紹介です
現在、看護師を募集しております。