やきつべの径診療所からのお知らせ

■短期入院施設
個室4、特別個室1、2床室3、4床室2の19床で、食堂・談話室、浴室を備えます。療養型の基準に合わせ、部屋のスペースと採光面積を大きくとって明るい雰囲気をもっています。
こころの静養にご利用ください。

■デイケア(木曜を除く毎日、午前9:30〜午後4:30)
 芸術療法(絵画・音楽・習字・陶芸など)
 作業療法(園芸・料理教室など)
集団療法を、各年代やその目的に応じてグループ分けをして実施します。登校拒否児等に対しては、教育指導も行い、医療と教育と福祉とを複合させた新しいタイプの治療をめざします。参加者には、食事を供します。また、送迎車にて近隣からの搬送を実施します。
デイケアのグループとして以下の区分があります。
  a)幼児・思春期デイケア(ライム)
  b)青年期デイケア(シリウス)
  c)中・高年向けデイケア(マーガレット)
   詳細は、主治医にご相談ください。

■児童・思春期の治療について(郁子医師 担当)
 本院の特色のひとつで、遊戯室、砂場、水場、大型遊具(8m大の木製の船など)を用いた、プレイセラピィ(遊戯療法)の他、箱庭療法等を実施します。
平成16年4月には、児童・思春期専用のデイケア棟が施工します。

■看護体制
 医師2名、看護婦10名、臨床心理士3名、精神保健福祉士1名、看護補助員2名で臨みます。
 当直制をしきます。

■求人について
心の医療に関心のある看護師、作業療法士等応募を随時受け付けます。


TOP |  お知らせ |  当院のご案内 |  交通案内 |
Copyright (C) 2006 Yakitsubenomichi Shinryoujyo All Rights Reserved.
--- 病院検索・医院検索TOP ---