内視鏡について


内視鏡検査とは

内視鏡とは「体の内部を見る鏡」という意味です。胃に超小型カメラを入れて撮影する胃カメラが日本で発明されて、早期胃癌を発見できるようになりました。今では光ファイバーを使用したファイバースコープか、非常に小さいテレビカメラを組み込んだ電子内視鏡を用います。胃の内視鏡では、食道、胃および十二指腸の一部を観察します。一方大腸ファイバーは、肛門から挿入し盲腸までを観察することが出来ます。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

◇検査時間:検査当日は指定時刻までにご来院ください。
●予約変更の際はかならずご連絡ください。

大切な検査です。正しい判断ができるように、次のことを必ず守ってください。

【検査の前日】
●夕食は固いものを避け、消化の良いものを午後9時頃までに済ませてください。それ以後は何も食べないでください。水分は適度にとっても結構です。
●普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものようにお飲みください。

【検査の当日】
●朝食(ごはん、パン、味噌汁など)は、絶対に取らないでください。
●薬も、服用しないでください。
●牛乳、ジュース、日本茶、紅茶、コーヒーなどは飲まないでください。
●湯飲み茶わん1杯ぐらいの水やお湯でしたら、お飲みになって結構です。

胃の運動を止める薬を注射したあとで(省略することもあります)、胃のなかの泡を消す薬を飲んでいただき、のどの麻酔を行います。内視鏡は6mm前後の太さがあります。うどんを呑んだような気持ちがしますが、普通に呼吸ができますからあわてないでください。検査時間は10分間くらいです。

【検査が終わったあとで】
●のどの麻酔がとれるまでは食べたり飲んだりはしないでください。
●胃を膨らますために入れた空気が腸に残るので、「お腹が張った感じ」や「鈍い痛み」があるかもしれません。体を動かしているうちにゲップやおならが出れば治ります。
●注射をした方は、排尿が少し困難になったり、多少まぶしいことがあります。
●注射をした方は、1〜2時間は車の運転はしないでください。

【来院のご注意】
●なるべくゆったりした服装でおこしください。
●濃い口紅はご遠慮ください。
●検査の際行われる前処置の注射の影響がとれるまでに時間がかかりますので、その分も余裕をもっておこしください。
●注射の影響が残りますので、検査を受ける方が車を運転してくるのはおやめください。

次のような方はお申し出ください。
●心疾患、緑内障、前立腺肥大、アレルギー体質、肝炎、のどが痛い方。
●胃の手術を受けた方。人工透析中の方。
●血液が固まらないようにする薬(ワーファリンなど)を服用している方。
●以前に内視鏡検査を受けたとき嘔吐反射が強かった方。


大腸内視鏡検査

●この検査は肛門よりファイバースコープを挿入して、腸の中を見る検査です。腸の中に便が残っていると、良い検査ができません。
そのために検査時間の約3時間前に来院して、下剤と水(茶)を飲んで頂きます。

◎検査の前日
・朝から1日の食事は処方された検査食の内容だけを食べて、それ以外の食品はとらないで下さい。
・水分は自由ですが、検査食は午後9時までに済ませて下さい。それ以後は何も食べないで下さい。
・普段から就寝前に薬を服用されている方は、お飲み下さい。
・眠前に下剤(処方薬)をお飲み下さい。

◎検査当日
・朝食(ご飯・パン・味噌汁など)は、絶対にとらないで下さい。
・普段飲んでいる薬についてはお尋ね下さい。
・起床時に腸の動きを促進する薬を服用し、坐薬を挿入して下さい。これによって排便が促されます。
・水、日本茶、ウーロン茶等はお飲みになって構いませんが、牛乳・ジュース・紅茶・コーヒーなどは、飲まないで下さい。

◎来院の注意
・検査着に着替えていただきますので、着脱しやすい服装でおこし下さい。
・鎮静剤を使用する場合がありますので、お車での来院は避けてください。
【検査中】
●気持ちをゆったりと持ち、深呼吸をしてください。
●体を動かすときは医師の指示に従ってください。
●痛みが強いときには、遠慮なく手を上げて医師に知らせてください。
【検査後】
●検査直後は車の運転はしないでください。 歩行にも充分注意してください。
●お腹が張った感じや痛みのある方は、トイレに行ったり、右側を下にして横になったり、腹ばいになったりして空気を出すと楽になります。
●検査後は食事は普通にとってかまいませんが、刺激の強いもの、アルコールは避けてください。
●帰宅後、気分が悪いなど、異常があった場合はすぐに当院へ御連絡下さい。

◎検査の結果
・検査終了後、ご説明致します。
・組織検査をされた方は、その結果が後日でますので結果説明を聞きにいらして下さい。