ペインクリニックとは?


ペインクリニックとは?

ペインクリニックとは「痛み」(ペイン)の治療を行う診療科です。
痛みの治療に内服治療や温熱療法以外に神経ブロックを併用するのが特徴となります。
「神経ブロック」とは、痛みの原因の神経に局所麻酔薬を注射する方法です。
局所麻酔薬の直接効果で痛みが一時的に軽くなりますが、効果はそれだけではありません。
血液の循環が良くなり、凝り固まった筋肉の緊張がゆるみます。
痛みの場所にたまっている痛みの原因物質(発痛物質)が、洗い流され腫れがひきます。
一回一回の薬の効果時間は短いのに、すっかり治ってしまうケースも珍しくありません。


神経ブロックの適応となる疾患

頭痛、顔の痛み(三叉神経痛、緊張性頭痛、血管性頭痛、片頭痛、群発頭痛など)
頸、肩、腕の痛み(頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、ムチウチ症、五十肩、肩凝りなど)
腰、下肢の痛み(椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、筋筋膜性腰痛症、変形性膝関節症など)その他(帯状疱疹ヘルペス・帯状疱疹後神経痛、肋間神経痛、癌性疼痛、顔面神経麻痺、花粉症など)その他様々な疾患に適応があります。詳しくは医師に相談して下さい。


神経ブロックの種類(主なもの)

1.硬膜外ブロック(頚部、胸部、腰部、仙骨部)
2.星状神経節ブロック
3.三叉神経ブロック
4.肩甲上神経ブロック
5.肋間神経ブロック
その他にも様々な神経ブロック法があり、疾患ごとに適切な神経ブロックを行っています。
注射の苦手な方には、星状神経節ブロックの代用としてキセノンやライザーの照射を行います。


ペインクリニックってどんなことをするの?当院での事例を紹介します。

ケース1、70代女性
腰痛のため牽引治療を受けていたが改善しないため中断した。その後左坐骨神経痛が悪化し、痛み止めを内服しても眠れなくなったために来院した。仙骨部硬膜外ブロックで劇的に痛みは軽減し、数回のブロック治療で内服薬も必要なくなった。

ケース2、50代男性
脳梗塞後半年経ってから手足の痛みが徐々に強くなってきた。内服薬の関係でブロック治療は出来ないが、キセノン光の星状神経節照射で痛みは軽減している。

ケース3、40代男性
頚椎椎間板ヘルニアが原因の、左肩から腕にかけての神経痛のため来院。局所注射、星状神経節へのキセノン光照射、内服薬で何とか急性期の痛みを和らげ、現在も手術をしないで痛みは軽減している。

ケース4、40代男性
一年に一度一ヶ月間、群発頭痛が出現する。頭痛発作に対してはスマトリプタンが有効だが、星状神経節ブロックにより、頭痛発作の頻度が減少した。

ケース5、30代男性
レントゲンで異常はないが年に数回腰痛を繰り返している。痛みが強くなると早めにトリガーポイントブロックを行い、仕事に支障を来たすことなく経過している。