当院での指導内容の一部をご紹介します。
がん検診、肺がんについて解説します。
睡眠時無呼吸症候群につき説明します
咳、発熱に対する説明、動脈硬化について解説します。
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群
当院では比較的多くの睡眠時無呼吸症候群の方が通院されてます。この病気について説明します。
睡眠時無呼吸症候群とは、その症状は
睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に無呼吸が繰り返される病気です。
主な症状としては、イビキ、昼間の眠気・倦怠感、熟眠感の欠如、起床時の頭痛、睡眠中の頻尿などがあります。
適切に診断と治療を行った場合、多くの方でこれらの症状が改善されます。
また睡眠時無呼吸症候群は高血圧、心血管病、不整脈とも密接に関連してます。放置すると生命の危険に及ぶこともあります。
また睡眠時無呼吸症候群の患者では日中の眠気のため交通事故の発生頻度が高いとも報告されています。
治療について
日本においては大多数にC-PAP療法という治療が行われます。
これは夜間にC-PAPと呼ばれる機器を使用します。
当院にはデモ機も常備してますので、導入を決定する前に試すこともできます。
機器の性能の向上のため、近年では入院しなくても導入できるケースも増えております。