当院での指導内容の一部をご紹介します。
がん検診、肺がんについて解説します。
睡眠時無呼吸症候群につき説明します
咳、発熱に対する説明、動脈硬化について解説します。
気管支喘息について
喘息について
当院は比較的多くの喘息患者さんが通院なさっています。
喘息は慢性疾患であるので病気の内容を患者さんに良くご理解頂けるように心がけております。ここでは当院での指導内容の一部を紹介させて頂きます。
喘息は気道の慢性炎症性疾患と定義されています
喘息の患者さんは自覚症状が無くても、多くの場合、気管支の炎症は持続し過敏な状態は持続しています。

 最近、世界的規模の臨床試験によって、軽症の喘息患者さんにおいて吸入ステロイド薬による早期治療介入が有効であることが証明されました。
 その結果によると、軽症喘息患者さんに吸入ステロイド療法を早期に行うことにより
1. 喘息発作のない日数が増加しました。
2. 重篤な喘息発作の回数が減りました。
3. 入院、救急受診、通院の日数が減りました。
4. 治療にかかる医療費が減りました。
また副次的に小児、妊婦に対しての安全性も確認されています。

喘息の基礎治療薬である吸入ステロイドは、用量用法を守っていればきわめて安全であり、長期投与しても全身性の副作用はみられません。
 
現在症状がなくても、吸入ステロイドを継続することにより、喘息の安定した状態が維持され、また風邪を引いたときなどの急性の悪化の頻度を減らしたり、その程度を軽くすることができます。
 
日本のガイドラインでも早期の吸入ステロイドの導入が推奨されていますが、日本における吸入ステロイドの使用率は諸外国と比較して明らかに低く、医師、患者ともに過小評価、過小治療があるものと懸念されております。当院ではこのような考えのもとに、積極的に吸入ステロイド治療を行っております。
 喘息治療の目的は?
*喘息症状なしで健常人と同様に快適な日常生活をおくる。
 日々の生活、睡眠、仕事、学業、スポーツ等に支障を来さない。
*喘息発作のための不定期な外来受診、救急受診、入院を出きるだけ避ける。
 そのための定期的な外来通院は必要となります。
*喘息死を避ける。
 喘息死という不幸なことは絶対にあってはいけません。
*生涯を通じ良好な呼吸機能を維持する。
 軽症だからと治療を放置してると徐々に喘息は悪化し、呼吸機能も低下してきます。呼吸器疾患は高齢になった時に日常生活で問題となるケースが多くあります。長期間喘息をもっている方や、高齢者の慢性喘息はコントロールが難しい場合が少なくありません。そのためにも早期からのしっかりした治療を行うのが望まれます。
喘息は治りますか?
現状では残念ながら喘息という疾患は根治できません。ある意味では高血圧、糖尿病等と同様に生涯つき合っていかねばならない慢性疾患と考えます。ただ発症後早いうちに十分に治療すれば、多くの喘息患者さんでは完全に症状を落ちつかせるようにコントロールすることはできます。その場合一部の患者さんは完全に治療を中止することができます。ただしその場合でも将来症状が再発する可能性は残っていると思います。一方喘息の症状を放置しておくと炎症のため気管支や肺の組織が破壊されて、機能が次第に落ちて回復しなくなるといわれています。こうなると治療を中止できないばかりか治療をしても症状が十分改善しなくなります。早期の適切な治療が大切です。
以下の症状が1つでもあれば受診頂くか、救急外来に 
1.高度の喘息発作 
*唇や爪が青色(チアノーゼ) 
*呼吸困難のため会話・歩行困難 
*意識混濁 
*呼吸停止 

2.気管支拡張薬の効果が不十分 
*β2刺激薬2パフ吸入20分ごとに3〜4回(および/または気管支拡張薬頓用)実施しても症状悪化、PEF改善ない場合 
*β2刺激薬2パフ吸入20分ごとに3〜4回(および/または気管支拡張薬頓用)6時間後でも症状改善不十分で、2刺激薬吸入を1〜3時間ごとに必要とする場合