当院での指導内容の一部をご紹介します。
がん検診、肺がんについて解説します。
睡眠時無呼吸症候群につき説明します
咳、発熱に対する説明、動脈硬化について解説します。

当院のご案内

当院の診療方針

 内科全般につき診療しております。
特に専門分野としては呼吸器疾患については専門医として経験を積んでまいりました。気管支喘息、肺気腫等の慢性呼吸器疾患はもとより、咳、痰、息切れ等でお困りの方はご相談下さい。
また近年注目されている睡眠時無呼吸症候群も積極的に対応しております。夜間の無呼吸、いびき、日中の眠気等にお困りの方はご相談下さい。

診療科目

内科 呼吸器科 アレルギー科

診療時間

AM 9:00-PM 12:00
PM 3:00-PM 6:00
休診 木曜午後、土曜午後、日曜・祝日
▼当院の混雑度予測
 
午前
午後
:季節にもよりますが、午前中はときに1時間以上待つ場合があります。 初診の方は平日の午後の受診をお勧めします。
:季節にもよりますが、午前中はときに1時間以上待つ場合があります。 
:比較的空いています。
お天気が悪い場合、祝日は比較的空いています。

院内・診療設備など

・呼気中の一酸化窒素濃度を測定する機器を常備してます。気道にアレルギー性炎症があると、呼気中の一酸化窒素の濃度が上昇します。気管支喘息の診断、管理、や原因不明の咳の診断に役立ちます。
・内視鏡(胃カメラ)は苦痛が少ない経鼻内視鏡(鼻から挿入する胃カメラ)で行ってます。
・糖尿病の状態をチェックするHbA1c検査はその場で判定できます。
・不整脈の治療に有用なPT-INR検査はその場で判定できます。
・超音波画像診断装置では肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓疾患の診断と、頚動脈エコーによる動脈硬化の状態の評価も行ってます。
・心電図、ホルター心電図(24時間記録心電図)、肺機能検査、吸入ネブライザー、酸素システム、酸素濃縮器、骨密度測定器、呼気中一酸化炭素測定器、C-PAP等を常備しております。
・胸部疾患の診断等に関して的確に診断するため、レントゲンにはCR(コンピューテドラジオグラフィー)、インバータシステムを採用しております。これによって従来のシステムより高画質画像が得られるため、診断精度の向上が図られます。またX線被爆の低減が図れます。
・自動対外式除細動器(AED)、救急蘇生セットも備えております。