丸の内,婦人科,大手町,有楽町,日比谷,女医,子宮けいがん,妊婦検診
診療内容についてはこちらをご覧ください。
自費診療についてはこちらをご覧ください。

医師のご紹介

ご挨拶


女医 岡宮育世

 病院へ行くのは決して嫌いじゃないけれど、婦人科はどうも・・・と思われている方が、日本女性の中では大半だと思います。
確かに産婦人科は他の科と違い、肉体的にも精神的にも非常にプライベートな部分を扱う病院なので、敷居が高いように思われるかもしれません。
  実際に日々診療をしていて、市販薬で自己治療をして病気が悪化した患者さんや、もっと早く来院してくれればここまでならなかったのに…と残念に思える患者さんに出会うことがしばしばあります。
どうぞ、産婦人科受診をもっと気軽に考えてください。
お腹が痛い、疲れが取れない、汗が止まらない、生理が来ない、生理なのか出血なのかわからない、かゆい、何となくすっきりしない、…貴女が女性なら、なんだって良いのです。
身体についての悩みがあればいつでもいらしてください。
院長を始めスタッフ全員が女性ですので、お気軽に、まずはご連絡ください。
 ただし、この有楽町ビル婦人科クリニックには、皆様がレディースクリニックで連想する、レースのついたカーテンや、美しい花に飾られてフカフカのソファーのある素敵なロビーや、最新美容機器のそろった診療室等はご用意しておりません。
先々代院長が40年前に、ここに産婦人科診療所を開業した時とあまり変わらぬ、少々殺風景な待合室と、清潔ではありますが、とても小さな診療室のみの産婦人科クリニックです。
有楽町という東京の一つの街の片隅で、(学校や職場の)保健室の様な気軽さで女性の皆様に受診していただき、適切な検査・治療を行い、女性の健康維持と向上に貢献する温かい診療所を心がけておりますので、どうぞ一人で悩まずにぜひご来院ください。

経歴

昭和59年 杏林大学医学部卒業
  同大学産婦人科学教室研修医終了
昭和62年より有楽町ビル婦人科クリニックに勤務し院長となり現在に至る

所属学会・認定医など

・日本産婦人科学会認定産婦人科専門医
・医学博士
・麻酔科標榜資格医師
・日本産婦人科学会
・日本美容皮膚科学会