医師の紹介

ご挨拶

 私は30年間、整形外科の医師として脊椎(頚椎や腰椎)の病気や関節の病気を中心とした患者さんの診療を行ってまいりました。

 これまでに培ってきた診療技術を礎にして、牟佐で地域医療に携わりながら最新の医療を目指したいと考えております。竜操整形外科や東部脳神経外科と提携し、最新のMRIやCTを用いた診断と、手術にも対応した診療を行い、地域の皆様に選ばれる整形外科・腰痛クリニックを実現させていく所存です。

 小さなクリニック形式の医院では、高価な検査機器は買えず、手術もできないジレンマがあり、実際には実力を発揮できない開業医はたくさんいます。また大病院では、いろいろな検査機械はあっても、大人数の患者さんがこられるために、検査も診察も予約、予約と時間がかかり、診療の流れがスムーズに進まず、苛立ちを覚える患者さんも多いと思います。その点当クリニックでは、東部脳神経外科でMRIやCTなどの検査も利用させていただき、すばやい対応ができます。できるだけ早く正確に病気の診断をつけ、必要であればすぐにブロックなどの治療をし、痛みを早くやわらげていくよう、一日完結型の診療をめざします。また、約1000例におよぶ脊椎の手術の経験を生かし、今後も手術例に対応していきます。病気に対し不安な気持ちを少しでも早く解消できるようお手伝いをしたいと考えております。
 整形外科も細分化されつつあり、各医師の専門も異なります。今年度より厚労省の規制緩和もあり、腰痛クリニックという名称が使用できるようになりました。そして私の専門性もアピールできるようになり、岡山県下初の腰痛クリニックの誕生となったわけです。

 これからは皆様の期待にこたえられるよう、全力を尽くす所存でありますので、よろしくお願いいたします。病気に対し不安な気持ちを少しでも早く解消できるよう、お手伝いをしたいと考えております。

院長 小西 明

経歴


昭和58年  岡山大学医学部 卒業
   岡山大学整形外科学教室 入局
平成2年3月  医学博士(頚椎の研究)


《研修病院および勤務病院》
  ・岡山大学医学部附属病院
  ・香川労災病院
  ・国立療養所津山病院
  ・吉備高原リハビリテーションセンター
  ・玉野三井病院
  ・竜操整形外科病院

所属学会・認定医など


日本腰痛学会理事
日本運動器リハビリテーション学会理事

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会認定スポーツ医

スタッフのご紹介

≪職員からのメッセージ≫

< 受付から>
心のこもった温かみのある対応を心がけております。困ったことがあれば、気兼ねなくお尋ねください。

< 看護師から>
不安や緊張を抱いて来院される患者様に少しでも安らぎを感じていただき、「心配していたけど、きて良かった」と思っていただけるよう「患者様にやさしい看護」をお届けしたいと思っております。まずは基本の挨拶を明るく笑顔で行い、患者様からのお話をきちんとうかがえることを大切にしています。
<リハから>
笑顔あふれるリハビリ室です。元気いっぱいがんばっています。