内視鏡検査について知りたい方はここをクリック
大腸検査・がんについて知りたい方はここをクリック
経口・経鼻内視鏡の違いについてはこちら
大腸検査・がんの話
大腸がんの症状
大腸がんは日本では肺がんの次に増加してきているがんで、あと数年で胃がんとほぼ同数になるという予測もあります。その原因としては食生活の欧米化などはあげられていますが、まだはっきりとしたことはわかっていません。検査法の進歩、検査を受ける人の増加によって以前は発見される事のなかったはずの症状の出ていないがんが見つかる機会が増えたために一見増加している様にみえているだけなのかもしれません。
というのも胃や大腸のような消化管のがんはできたばかりの小さい病変(いわゆる早期がん)では症状がほとんど出ません。胃がんは潰瘍を作るような病変の場合には小さな病変でも症状が出てくる事はありますが、大腸がんの場合はポリープ状に消化管の内部へと発育することが多いので、相当な大きさになるまでは全く症状が出ない事は普通で、進行がんになっていても全く症状がない事も珍しくありません。大腸がんが起こす可能性のある症状としては便秘、下血があります。便秘はがんによる便の通過障害で起き、特に短期間で急に便秘がひどくなったという場合は要注意です。下血はがんと便でのこすれによって起きますが、下血があっても必ずしもがんがあるというわけではありません。また、便やガスが全く出なくなる腸閉塞という状態で発見される事もあります。
よく下痢が続いて大腸がんを心配する方も多いですが、下痢というのは腸の炎症などによる大腸粘膜からの水分の吸収障害があったり、腸の動き(蠕動)が良すぎるために便が固まる前に肛門にまで来てしまうために起きる症状で、基本的に大腸がんの症状として下痢になることはありません。ただ、下痢が続くために原因検索として大腸検査を受けて偶然にがんが発見されることはあります。
以上のように、症状の有無と大腸がんの有無は相関しないことが多く、大腸がんは症状だけからは全く判断できないと言っても過言ではありません。そのため、大腸がんの早期発見のためには症状がない状態での大腸検査が必要なのです。
大腸の検査法
一般的に行われている大腸がんの検査法としては便検査、大腸レントゲン検査、大腸内視鏡検査があります。最近はバーチャル内視鏡として大腸CT検査を行っている施設もありますが、まだあまり一般的ではなく、PET検査に至ってはその分解能からは大腸検査というにはほど遠いものです。
健康診断で行われることの多い便検査は便潜血反応といって目に見えない程度の便に混じった血液成分を検出する検査です。統計的には2日間の便検査をすると10人中1〜2人くらいが陽性になり、さらにその陽性者の精密検査をすると、陽性者の中の100人中でがんが見つかるのは2〜3人程度と言われています。つまり陽性になっても大腸には何も病気がない人の方が圧倒的に多く、便潜血陽性=大腸がんではないという事です。ただ、それはあくまで統計的な結果から言える結果論的な事実で、陽性になっても精密検査を受けなくても良いという意味ではありません。
また、便検査は仮にがんがあっても便とのこすれがあった場合のみ血液が混じるので、まだがんが小さい状態であったり、大腸の奥の方(肛門から遠い所)に存在する場合には反応が出ない事もあるので、便潜血が陰性であってもがんが絶対にないという裏付けにはなりません。つまり、大腸検査における便検査の位置付けとしては、あくまで大腸の精密検査を受けるかどうかの選別という程度で、病気の有無・進行状況までをうかがい知ることはできませんので、すでに何らかの自覚症状がある方の病気の診断、ポリープなどの病変がある事がわかっている方のポリープの大きさの経過観察、がんやポリープの治療後の再発の有無を調べたりするために用いる事は基本的にありません。
通常、便潜血で陽性になった場合に行う大腸の精密検査としてはレントゲン検査と内視鏡検査とがあります。
レントゲン検査は肛門からバリウムというレントゲンにうつる白い薬と空気を大腸内に入れてレントゲン撮影する検査法、内視鏡検査は肛門から内視鏡を入れて直接大腸内を観察する検査法です。
いずれも大腸の中を観察するという点では同じなのですが、最近は内視鏡検査が行われることが多くなってきました。
その要因としては胃の検査でもいえることですが、検査自体の精度の高さ、施行可能な医療機関数の増加があげられます。レントゲン検査は影絵を見ている様な検査法なので食物の残渣や便なのか病変(がん・ポリープ)なのかの判別が難しい事があり、さらに詳しく調べる必要がある場合には、結局後日確認のために内視鏡検査が必要となるため、初めから一度の検査で診断、治療(小さなポリープであれば切除可能)が完結する内視鏡検査を選択される事が多くなってきています。
ただ、以前に経験した方はわかると思いますが、診断は確実ではあっても内視鏡検査の場合にはやや苦痛を伴うことがあります。大腸はお腹全体を1周しており、必ず誰にでも曲がり角は数ヶ所は存在します。内視鏡というのはそれなりに硬さがあるために、その曲がり角を通過する際に苦痛を生じてしまいます。そしてその曲がり角の数や角度には非常に個人差があり、とりわけ便潜血反応陽性になる事が多い便秘がちの人の大腸は長くて曲がり角の数も多く、更にその曲がる角度も急になっており、どうしても検査時に苦痛を強く感じてしまう事が多くなり、この事が大腸内視鏡検査が嫌がられる一番の要因だと思われます。
しかし、内視鏡機器や手技の進歩により、以前よりは内視鏡検査時の苦痛は軽減してきており、前述の通り現時点では大腸に関しては内視鏡検査がベストの検査法ですので、やはり大腸疾患が心配な方は便検査だけではなく、なるべく内視鏡検査での確認をおすすめします。大腸がんは進行がゆっくりなものが多いので、一度内視鏡検査を受けて問題がなければ2〜3年は便検査も受けなくても大丈夫です。
当院の大腸内視鏡検査の実際
大腸内視鏡検査は検査にあたっては大腸内をすっかりきれいにする必要があり、胃の検査のように当日の朝食を食べないですぐに検査をするというわけにはいきません。
通常の前処置は数日前から少しずつ下剤を服用して、当日の検査開始4時間くらい前から自宅で2リットルの洗腸液(ニフレック)を服用して、腸の中がほぼきれいになってから来院してもらい検査を行います。
当院ではその大量の洗腸液が飲みづらいという人のためにお茶などの飲料水とともに30〜50錠を服用するタイプの洗腸剤(ビジクリア)も用意しています。これは65歳以下の方で高血圧などの基礎疾患がない方に限られてしまいますが、福島市ではこのタイプの洗腸剤を導入している施設はほとんどありません。たくさんの洗腸液を飲むのが苦手だという人は試してみてください。
内視鏡検査は前述の様に苦痛を伴う事が多いため、当院では会話はできる程度のごく少量の鎮静剤を使用して安心して苦痛の少ない検査を受けて頂くようにしております。ただ、痛み止めではないので、全く苦痛を感じない訳ではありませんが、なるべく苦痛が少なくなる様に状況に応じて薬の量を調節して使用しております。
また、その方の腸の状況に合わせて硬さを変える事が可能なお腹に優しい硬度可変式の細径の内視鏡を使用しております。
術者の検査実績としては当クリニックと他施設でとを合わせて年間約500件以上の全大腸内視鏡検査を担当しておりますが、ここ5年以上盲腸部への挿入不能例はありません。
他施設での挿入困難例も数多く手がけておりますが、すべて検査は完遂しております。
盲腸部への到達時間は約7割は5分以内、残りのほぼ3割の方も10分以内です。

大腸内視鏡検査は受けたいけど初めてで心配な方、以前に他施設で受けて辛かったのでためらっているという方は一度御相談下さい。