巻爪矯正法(自費診療)のご紹介です。こちらからご覧ください。
AGAの治療(自費診療)のご紹介です。こちらからご覧ください。
ニキビの新しい治療薬
花粉症
小児皮膚科
アトピー性皮膚炎
うつる皮膚病
皮膚のバリア機能
こちらの操作方法をご参照の上、ご予約ください。
超弾性ワイヤーによる巻爪矯正法
*超弾性ワイヤーによる巻爪矯正法(自費診療)

巻爪・陥入爪で足が痛くなり、苦労されている方は多いと思います。当院では、手術やフェノール法などの外科的治療法に頼らず、痛みを全く伴わない巻爪矯正法を行います。爪に穴を開けてニッケル・チタン合金のワイヤーを取り付け、ワイヤーの弾性で矯正する方法です。


図1:(1)爪に穴を開ける。

図2:(2)ワイヤーを通す。

図3:(3)ワイヤーを整えて切る。

図4:(4)固定する。

施術時間は約10分です。施術直後から日常生活での制限はなく、入浴、仕事、運動も支障をきたしません。
個人差はありますが、爪の伸びるのに応じて、1〜2か月に1回程度取り替えていきます。(図5→図6)

症状によって、また爪が短いとワイヤーの取り付けができない場合もあります。まずはご来院いただきご相談ください。 初診時に施術することは難しいため、再診で、十分お時間をお取りし施行させていただきます。

[料金(自費)]:施術料(1趾)4,200円(税込)