■ホームページをリニューアルしました■
3秒後に新しいページへリンクします。

ホームページがリンクしない方は下記よりご覧ください。
和田胃腸科医院 新サイトへ



和田胃腸科医院/医師のご紹介


和田胃腸科医院/院長からのご挨拶

「地域に根ざし、心のこもった医療サービスを目指して」

 昭和49年に当地で開業以来、約30年に亘り消化器疾患を中心に診療に専心し、近年では高齢化社会にも対応した心の通う診療を行い、近隣の人々のみならず隣接他府県からも多くの患者さんが来院されています。常に患者さんの立場に立って病気と取組む姿勢をくずすことなく患者さんと共に疾病と戦う気持ちで取組んでおりますので、どんな事でも相談して下されば結構です。特に専門分野である消化器疾患(食道・胃・大腸・肝臓・胆のう・膵臓の病気)については大きな病院と同じレベルの診断内容を保持し、丁寧に説明を行ってインフォームドコンセントの上、患者さんに選択をしてもらった上で治療を始めておりますので安心して受診して下さい。


院長の経歴

【院長】
昭和41年 3月 京都府立医科大学医学部卒業
     4月 京都府立医科大学附属病院にてインターン
昭和42年 4月 京都府立医科大学第3内科学教室に入局
昭和45年 4月 京都府立医科大学医学博士取得
昭和49年10月 当地にて和田胃腸科医院開設
       現在に至る

専門とする疾患など

院長の専門分野である消化器疾患−逆流性食道炎、食道癌、胃炎、胃ポリープ、胃癌、大腸ポリープ、大腸癌、C型肝炎、肝臓癌、胆石症、膵炎、膵臓癌−等についてはテレビレントゲン、電子スコープ、超音波検査により大病院と同じレベルの診断を行い、インフォームドコンセントの上、治療を開始しております。特に胃癌、大腸癌で命を失わせないをモットーに連日診療に努力しておりますので安心して受診して下さい。

所属学会・認定医など

京都消化器医会