先生からの意見や趣味のページです!是非、ご覧下さい!!
先生からの意見や趣味のページです!是非、ご覧下さい!!

うえむら小児科内科クリニックからのお知らせ

今週のホワイトボ-ドから 「子宮頸がんワクチンの名古屋スタディ」
 子宮頸がんワクチンが接種率1%を切る事態になっています。これはメディアの不均衡な報道による部分が大きいとノーベル賞の本庶佑先生が断じています。
「名古屋スタディ」というのは子宮頸がんワクチン被害者連絡会の要請の元、名古屋市の若い女性7万人にアンケート調査をし、回答のあった3万人のデータを分析した研究です。調査項目は被害者連絡会の意見を聞き入れ、24項目(例えば身体が自分の意志に反して動く)に渡っています。結果は「子宮頸がんワクチンは安全で、WHOなどの安全であるという報告を指示するものである」ということです。これだけ大規模な詳細な調査で「異常運動」などは副反応ではないと真実が出てきたものと解釈されます。しかし何故かこのスタディをメディアは報道しないので、皆さんには一切知らされていません。子宮頸がんワクチンで異常運動を起こし繰り返しTVで登場した映像だけが皆さんの頭に残るのです。メディアが公平な報道をしない限り接種率は上がりません。
待合室での感染を防ぐため、皆様方にはご協力を御願いしています
 小児科の外来はインフルエンザを始め、感染する病気が多くみられます。当院では待合室でインフルエンザの様な感染力の強い病気の子どもと一緒に長く待つということは避けています。RSウィルス感染症・ウィルス性胃腸炎なども冬から春に多く受診されています。夏かぜも初夏から秋口に流行します。診察する前にこれらの病気の疑いがあれば、個室に入って待っていただいています。しかし診察室は7室あるのですが、それでも追いつかないことが最近多くなっています。ご協力の程宜しく御願い申し上げます。
診療のお知らせ・その他
【カウンセリング外来】
 当院では臨床心理士という専門家による心理相談を行っています。不登校(かつては登校拒否と言われていました)・多動傾向のこども・育児不安の相談や、アトピー性皮膚炎で掻破行動がコントロールできないこども・喘息発作が精神的な要因で起こるこどもなども相談をお受けします。一度診察のうえ予約をいたします。毎週火曜日の午後に行っています。
【栄養相談】現在休止中です
 毎週水曜日には、栄養士による栄養相談を行っています。肥満・高脂血症・痛風・食物アレルギーなどです。希望者は診察の上予約いたします。
【外来小児科での上気道感染症の抗菌剤ガイドライン】
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ped-GL/GL1.htm
を参照してください。
【こどもの救急】
http://kodomo-qq.jp/
日本小児科学会のサイトです。こどもの急病で困った時にアクセスしてください。