■ホームページを移行しました■
3秒後に新しいページへリンクします。

ホームページがリンクしない方は下記よりご覧ください。
奈良市 泌尿器科 内科 皮膚科 寺崎クリニック 新サイトへ
超音波診断装置(腹部・頚動脈)ダーモスコープ・レントゲン撮影装置
尿流測定装置・骨塩定量測定装置・
膀胱尿道内視鏡検査装置
院長の日々の雑感をのんびりと書いています           
平成18年12月24日の第1回より皆様からのほのぼのとした話題提供をお待ちしています   
過去ログはブログ”ならまちさくら”をご覧ください

診療導入機器のご紹介2

尿流測定装置

排尿状況を侵襲で正確に評価する検査機です。

骨塩定量測定装置(ALOKA)

 骨粗鬆症の診断と治療経過観察に役立つ装置です。放射線や水を使用せず超音波で検査を行うため患者様に優しく簡単に短時間で結果をお伝えできます。

ウロマスター(日本メディックス)

 昨年日本泌尿器科学会中部総会で私がその有用性を発表した信頼する治療装置です。今では泌尿器科領域で最もホットな話題で、毎日のように新聞雑誌でみる尿失禁や頻尿を訴えられる「過活動膀胱」の治療器です。皮膚の表面に電極を装着するだけ(着衣のままで治療可能です)で患者さんに抵抗感を与えず、副作用なく刺激が可能で神経性頻尿、切迫性尿失禁、腹圧性尿失禁、導尿カテーテル留置初期の違和感、経尿道的前立腺切除術後の頻尿などの排尿障害に適用されます。この治療器単独でもしくはお薬との併用でほとんどの過活動膀胱の患者様は治られます。

膀胱ファイバースコープ(ペンタックス)

 血尿などの疾患のときに膀胱・尿道の精密検査に用います。軟らかく、細く、自由に動くため疼痛も少なく短時間に検査ができます。よほど重大なご病気が考えられるときにのみ行う検査です。

電子カルテシステム

 患者様に検査や治療を分かり易くご説明するために導入しております。検査データ・お薬の情報・生活指導などの説明を同じ画面を見ながらすることによってカルテと患者様の距離を縮めます。