つちうら東口クリニックトップページへ

つちうら東口クリニックからのお知らせ

つちうら東口クリニックの医師のご紹介

つちうら東口クリニックのご案内

つちうら東口クリニックまでの交通案内

つちうら東口クリニック初診の方へ

つちうら東口クリニックによくある質問

リンク集

つちうら東口クリニックへのお問合せ

つちうら東口クリニック掲示板

マイメッセージ

つちうら東口クリニックの医師のご紹介

ご挨拶

私は医学生時代に、日本漢方協会を創設された根本光人先生から、漢方の古典と「天人合一」の健康観を学びました。その縁で漢方講師の学生アルバイトをさせていただきました。筑波大学卒業後、小児救急やアレルギー専門外来を経験し、救急医療の神経障害の悲惨さを見て小児神経学を専攻しました。1985年に筑波大学講師並びに茨城県立こども病院非常勤となり、小児神経医療と障害児教育を担当する傍ら、漢方講師も続けました。1992年に更に全人的医療を求めて東京に出ました。我が人生の師と慕うF先生の医療法人設立に参画し、内科全般と呼吸、循環、肝臓、糖尿、アレルギー、婦人科、悪性腫瘍などを研鑽しました。鍼灸とカイロ、気象医学、健康食品、気学風水、姓名判断、言霊学など健康に関連する様々なものを学び、更に素晴らしい健康観、死生観、治療哲学を学ばせて戴きました。今までの経験を生かす場として1998年10月31日に当院を開設しました。「つちうら東口クリニック」という名は、日本の和の心(ひらがな)で東洋医学(漢字)と西洋医学(カタカナ)の良い点を併せて活用したより良い医療を求めて行きたいという思いを込めたものです。

経歴

院長 川嶋健吾(籍名:浩一郎)昭和56年3月 筑波大学卒業
昭和60年12月 筑波大学心身障害学系講師
平成4年4月  西荻司ビルクリニック開設
平成10年10月 つちうら東口クリニック開設
昭和60年12月 茨城県立こども病院神経科非常勤(継続中)
平成23年11月 日本小児東洋医学会評議委員
平成26年   日本東洋医学会茨城県支部 理事
平成27年 9月 第43回日本小児東洋医学会学術集会 会頭
平成28年 1月  横浜薬科大学客員教授(漢方和漢薬調査研究センター) 
平成30年 6月 第69回日本東洋医学会学術総会 市民公開講座講師

専門とする疾患など

漢方を最も得意としています。百数十種類の漢方薬を常備し、乳幼児から高齢者まで幅広く診療しています。
特に小児の花粉症、喘息、アトピー、アレルギー、慢性鼻炎、慢性胃腸炎、便秘、てんかん、発達障害など、小児に関する診療と、乳幼児からの漢方による体質改善を積極的に行っています。
また成人の慢性呼吸器疾患、高血圧、低血圧、動脈硬化、肝臓、糖尿病、過敏性腸症候群などの診療と漢方による体質改善を行っています。
アレルギー疾患は、花粉症、アトピー、喘息などで、神経疾患は頭痛、肩こり、めまい、神経痛、手の震え、てんかんなどを診療しています。精神科(心療内科)ではありません。
他に漢方診療を中心とした婦人科疾患(冷え症、貧血、めまい、月経異常、更年期症候群)、皮膚疾患(ニキビ、シミ、アトピー、尋常性乾癬など)、消化器疾患(慢性便秘や慢性胃腸炎など)、夏バテや季節の変わり目の体調不良、メニエール症候群、慢性疲労症候群などの診療を行っています。

所属学会・認定医など

日本東洋医学会認定 漢方専門医
日本小児科学会認定 小児専門医・指導医
日本小児神経学会認定 小児神経専門医
茨城県・医師会認定 茨城県糖尿病登録医

スタッフのご紹介

当院のスタッフは、子供好きで、明るくやさしいスタッフばかりです。安心して、受診して下さい。