検査について


1.他覚的な屈折・角膜曲率半径検査



近視、遠視、乱視や角膜のカーブの程度を測定します。眼鏡を合わせるときや、お子さんの屈折異常では散瞳後にもう一度検査をすることもあります。

2.非接触眼圧検査

角膜(黒目)に空気を吹きかけて眼圧(目のかたさ)を測定します。初めての方ではびっくりされる方もいますが、痛くない検査です。緑内障などで眼圧が上がっていないかを診たり、緑内障の治療が良好かを診るために行います。



3.超音波断層検査



高度の白内障や硝子体出血のために眼底検査が出来ない方にする検査です。網膜剥離や硝子体出血の有無を確認し、内服治療か手術に踏み切るべきかなどの判断をします。

4.角膜内皮細胞検査

角膜は透明な組織で、光を目の中にきれいに通してくれます。この角膜の透明性を維持するためには、角膜内皮細胞が重要な働きをしています。この検査で白内障などの手術の前後やコンタクトレンズによる角膜への障害の有無を測定します。



5.視野検査



テレビを見ていても、テレビ以外の周りの風景も同時に見えていると思います。この風景が正常に見えているかどうかという検査です。緑内障などの視神経疾患の診断のためや、進行の有無を確認するための検査です。

検査について 次頁へ