当院の特色

 MRI

MRIは画期的な診断装置です。
磁気の力で体の中が見える、ワイドオープン型MRI


当院では日立MRI装置を設置しています。

  • MRI(磁気共鳴診断装置)は磁場の中で人体に電磁波をあて、体内から得られた信号をコンピュータで処理し、あらゆる方向の断層像が映像化できる最先端の装置です。
  • 磁気エネルギーを使っての検査ですから、放射線の被曝もなく、安全に検査が行えます。
  • 患者さんはベットに横になっているだけで検査が済み、痛みなどの苦痛はありません。
  • 前面が大きく開いたワイドオープン型の装置ですので圧迫感・閉塞感が少なく、小児やご高齢の方でも安心して検査が受けられます。
 ■整形外科領域及びあらゆる疾患、傷害の診断に役立ちます。
  • 頚椎、腰椎、椎間板の断層撮影
  • 神経疾患、脊髄疾患、神経痛の原因診断
  • 上・下肢関節の断層撮影
  • レントゲンでは診断困難な骨折の診断
  • 筋肉疾患、靭帯・腱の損傷断裂の診断
  • 骨腫瘍、軟骨部腫瘍の精密検査
特に脊椎の椎間板ヘルニアや膝の靭帯損傷・半月板損傷・変形性膝関節症に対して負担の少ない大変有効な検査方法です。

 レントゲン関連設備

FUJIFILM DR CALNEOシステム
FPD(フラットパネルディテクタ)を導入


当院では先進テクノロジーによる
極めて高精度のX線画像診断システム
FPD(フラットパネルディテクタ)を導入いたしました。

■FPDの特長
1.コンピューターによる画像処理により軟部から骨部まで、
  豊富な診断情報と安定した鮮明な画像が得られます。
2.今までのX線撮影に比べて、より少ないX線量で撮影でき
  ますので、被曝量が少なくなります。

・テレビレントゲン
・ポータブルレントゲン
・一般撮影レントゲン
・イメージインテンシファイア
・デジタルX線装置診断システム
 

 骨密度診断装置

あなたの骨は健康ですか?

当院では、手や踵の骨で測定する簡易型の装置ではなく、最も精度の高い全身用の測定装置を設置しています。
さらに測定結果は、経年的に比較・検討できますので、治療効果の判定に役立っています。
 

理学療法(運動器リハビリテーション)とリハビリ施設

理学療法室は93.2平方メートルと大変広く、理学療法機器と多くのリハビリ用の機器が装備されています。
毎日、多数の患者さんが治療を受けられています。

 

針治療

当院では毎日診療時間に針治療を行っています。
針治療は、西洋医学とは違って、疼痛に対して大変効果的です。特に薬剤アレルギーなどで、薬の使用が困難な患者さんにも喜ばれています。


◎関連病院

当院は県内外に多くの関連病院があります。
 ◇坂出 回生病院
 ◇高松赤十字病院
 ◇高松市民病院
 ◇香川県立中央病院
 ◇香川医大
 ◇徳島大学 等
その他、近くの診療所とも深い連携を持っています。
整形外科以外の疾患が認められた場合は、その分野のすぐれた専門医や、総合病院へ紹介しています。