院内の設備についてご説明します
当院では予約制を充実させるため予約システムによる予約も行っております。
現在流行している感染症・流行が予想される感染症、ワクチンの情報等をお知らせします。
子どもの病気や症状とその対策やホームケア等についてお知らせします。
子どもの病気や症状とその対策やホームケア等についてお知らせします。

子どもの病気と対策

発熱

 私たち小児科医が日常的に診る症状で頻度が高く、かつ家族が一番心配するのは発熱、特に赤ちゃんの発熱でしょう。結論から言いましょう。過剰な心配はいりません。なぜ発熱するのかはいまだよくわかっていませんが、発熱することによって体に悪さをしているウイルスや細菌が増殖しにくくなることは明らかになっています。発熱は病気のサインであって悪い症状ではないのです。それと熱の高さと病気の重さは関係ありません。高熱でも機嫌が良く食欲もあるようなら大丈夫、逆に微熱でもぐったりしている、ミルクを飲まないなどは要注意でしょう。
 熱が高いと頭がおかしくなる?それも過度の心配はいりません。文献によると人間の脳細胞は42〜43℃以上になると脳細胞が壊れる可能性はあると読んだ覚えがありますが、 私の経験では42.6℃の発熱があると来院した患者さんがいました。院内で再計測すると39℃をきっていました。どうも計測の条件もあるようです。患児が暑がって汗をびっしょりかいているのに毛布にくるんで布団に梱包されていたようです。汗が蒸発することによって体が冷やされ、熱が下がるのに、 蒸発できなかったようです。
 脳に異常を起こす病気で高熱のものもあります。代表的なのは脳炎、脳症、髄膜炎などです。これらは脳自体を傷つけてしまうことがあるからです。意識障害、痙攣、嘔吐などがある場合は要注意です。なるべく早く受診しましょう。
 次に熱さましの話をしましょう。
 まずは冷す、頭を少しぐらい冷しても熱は変わりません。冷すなら頚部・腋窩・鼡径部など大きな血管の通っているところですが実際には嫌がって無理でしょう。シート状の熱さましも市販されていますが、余り効果は期待できません。私の参加している学会で、 全く効果はなかったという発表をした先生がいます。 私は気持ちがいいなら使ってもいいよくらいに思っています。
 次に解熱剤です。内服でも坐薬でも好みでよろしいと思いますが、私はよく内服を頓服で処方しています。熱がでることによって体を防御しているのに 熱をさげるのはよくないといって、解熱剤は処方しない先生もいらっしゃるようです。私の考え方は少し違います。例えば入院している患者さんなら 普通は抑制帯で固定しているのでクーリングも点滴もできますし、それでよいでしょう。でも家で高熱でうなされている、水分もろくにとってくれないなど 患児どころか家族も具合が悪くなるような状態で本当に良いのでしょうか?つらい症状を一時的にとってあげる薬として、上手に使ってみてはいかがでしょう。 目安は38.5℃以上でつらそうな時です。元気がよい場合はたとえ39℃以上でも必要ありません、やはり状態をよくみることが大切です。 解熱剤は鎮痛剤でもありますので大きな児では頭痛などにも使用できますが、小さい児は体温調節が下手なのでさがりすぎる場合がありますので、自分の症状を はっきり言えるぐらいになるまでは体温を目安に使用してください。現在小児で一番使われているのはアセトアミノフェンという解熱剤です。安全性が高く インフルエンザにも使用できます。薬によってはインフルエンザや水痘などに使用しない方が良いものもありますので、大人の薬を代用したりは絶対に しないでください。
 夜中に熱が高くなったらどうしよう?そういう場合のために解熱剤は用意しておくのがよいでしょう。翌日熱が解がってい ても必ず小児科を受診しましょう、それは熱が解がっているのではなく下げただけなのかも知れません。あくまでも原因の治療にはなっていませんので要注意。

熱性痙攣

死んでしまうかと思った66%、初めて痙攣を見たお母さんのあるアンケート調査結果です。
それほど衝撃的なんですね。
熱性痙攣は約5%の児が経験する熱が急激に変化することによって起こる良性の痙攣なんですよ。頻度としては過半数が1回きりです(といっても半々ぐらい)。お父さんお母さんも経験していることが多く遺伝性があるんですね。
不幸にして経験したらどうしましょう、今から説明します。
まずあわてないこと、体をゆすったり抱っこして走り回ったり口に物を入れたりしないこと。体を楽な姿勢にして着ている物をゆるめてあげましょう。もし吐きそうなそぶりが観られたなら、体を横にして吐物を飲み込まないようにしましょう。
次に冷静に観察しましょう、痙攣の仕方や持続時間などは後の診察の時に役立ちます。大抵は数分でおさまりますので止まったら病院に連絡しましょう。もし10分以上続くようならすぐに連絡しましょう。
次のような場合は要注意です。痙攣を繰り返す、嘔吐・頭痛が激しい、ぐったりして意識がはっきりしない、無熱性の痙攣などは他の痙攣を起こす病気が隠れているかも知れませんね、すぐに受診しましょう。また、熱性痙攣の頻度が多い場合や小学生になってからも起こす場合はてんかんを代表とする脳の器質的障害がある場合がありますので受診しましょう。
2回以上熱性痙攣を起こす児は熱が出た時に予防薬を使うこともできます、主治医に相談しましょう。

インフルエンザ

インフルエンザは主に冬に流行る代表的な伝染病です。症状としては高熱・咳・鼻水・頭痛・筋肉痛など風邪症状ですが一般のものと比べると症状が強いのが特徴です。
でもインフルエンザが本当に怖いのは症状の強さではなくそれに伴う合併症です。中耳炎・肺炎さらに一番怖いのは脳症で、不幸にして亡くなる場合もあります。流行時に風邪症状が出た場合は早めに受診してください。
病院では簡単に迅速に検査できるキットを用意してるところが多いでしょう、ただ症状が出て初期のころはまだ陰性に出てしまうことがあります。このような時は症状・家族歴から診断することありますが困難なことも多々あります。いったん陰性と言われても症状が強くなったとか新たな症状が出たようなときは翌日また受診しましょう、陽性になっているかもしれません。
予防は一般的なうがいや手洗い(今流行の顔洗いもいいかも)マスクの着用などですがやはりワクチンの接種が大切でしょう。
治療は発症48時間以内に抗インフルエンザ薬を使用すると効果があります。代表的なのはタミフルですが10代の使用に関しては昨年より見合わされています。厚労省から異常行動との関与は認められないとの見解も出たようなのでどうなるのか今後の動向をみましょう。使用できなくてもリレンザという吸入薬もありますよ。
園や学校には熱が下がって48時間以上経たないと出席できません、治癒証明書を持って来院してください。2日ぐらい経っても症状の回復がみられない、新たな症状が加わった場合は早めに再診してください。合併症があると困りますからね。

ウイルス性胃腸炎(嘔吐下痢症・胃腸風邪)

寒くなると胃腸風邪が流行ります。夏に流行るものより症状が重い例が多いようです。ロタウイルス・小型球形ウイルス・アデノウイルス・最近ではノロウイルスによるものが有名です。
症状としては悪心・嘔吐・腹痛・下痢・発熱などの組み合わせです。この中で一番気を付けなければならないのは嘔吐を繰り返している場合でしょう。本人もつらいですね。このような時に大切なのは食事療法です。まず禁飲禁食にしてください、おなかを休ませるのです。嘔吐が落ち着いてきたら水分の開始です。少しずつ何回も与えます、いっぺんにあげると嘔吐を誘発します。水分が十分取れるようになったら消化の良いものから食事の開始です。最初に吐き気止めの坐薬を使うのも良いでしょう。それでもとまらない場合は点滴です。いずれにしても早めに受診しましょう。
次に下痢に対してはノロウイルスを代表とするような症状が強いものはウイルスの排泄を遅らせるので下痢止めの使用は止めましょう。整腸剤程度にしましょう。
胃腸風邪のウイルスは細菌に対する抗生物質のように特効薬はありません。あくまでも対症療法です。これらのウイルスは感染力が強いので家庭では手洗い、便や吐物の処理をしかっりしてください。
次に下痢のときの食べ物です。まず水分をよくとりましょう。水分を取るから下痢が続くのではなく下痢で失われた水分を補給するのです、下痢や嘔吐では電解質も失われるので理想的にはイオン飲料ですね、乳幼児では電解質バランスが違うので赤ちゃん用のもの(アクアライトなど)がよいですね。余談ですが赤ちゃん用のものは成人用に比べて味が薄いですね、でも電解質成分は逆に多いんですよ。赤ちゃんは成人より電解質が必要なんですね、ポカリスェットを薄めて使うのは止めましょう。
次に赤ちゃんの母乳・ミルクについてです。母乳は続けてかまいませんが授乳時間を短く回数を多くしましょう。ミルクでは少量ずつ何回もあげましょう、あるいは乳糖の入っていないミルク(ボンラクト・ラクトレスなど)も有用です。一般のミルクの成分には乳糖が含まれており、これがおなかの中にいる乳糖分解酵素によって分解されはじめて栄養として吸収されるんですね。下痢がひどいとこの酵素が減少してしまうので前述した方法が有用です。離乳食を始めている場合は現在のものより1段階戻すのが良いでしょう。
次に幼児期の食事の方法ですが、これは便の状態との相談です。水様なら水分を中心に(イオン飲料・スープ・味噌汁・おもゆなど)ドロドロならドロドロの食べ物を(とうふ・パンがゆ・ウエハースなど)やわらかい程度ならやわらかい食べ物を(おかゆ・うどん・野菜の煮付け・鳥ささみなど)選びましょう。ようするに便と同じようなものを食べるということですね。こう書いていると何か汚いですね、でも覚えやすいでしょう。ただしいずれの年代でも食欲のない場合は無理に食べないことです。栄養のことは考えないでください、食欲のないのは体がまだ食べないほうがいいと教えてくれているのですよ。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳の下が腫れて痛がります。約8割は両方腫れます。熱は出たり出なかったりで必ず出るというものではありません。また、俗におたふくかぜといいますが咳や鼻水といった風邪症状はありません。両方腫れた場合で約1週間でひきます。それまでは登園・登校はできません、腫れがひいたら治癒証明書を持って来院してください。
治療としては特別なものはありません。熱や痛みに対して解熱鎮痛剤、気持ちが良いなら冷湿布を使用してもかまいませんよ。
おたふくかぜで一番嫌なのは髄膜炎の合併が多いことです。高熱が続く・頭痛や嘔吐がある場合は要注意です、早めに再診してください。男の子で睾丸炎の合併を心配なさる方が多いですが子どもではめったにありませんし、不妊の原因にはまずならないと考えてください。それよりもやはり髄膜炎です。当院でも数名でていますよ。本来この病気はやはり予防接種で防ぐべきでしょう。
おもしろい話をしましょうか。今から20年ぐらい前にMMRワクチンというのが日本でも接種されてました。これは現在行われている MRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)におたふくかぜワクチンが混ざったもので数年間施行の後に中止となりました、なぜでしょうね?おたふくかぜワクチンの副作用で髄膜炎が多発したんですね。ずいぶん前のことなのではっきりはしないですが最終的には800人に1人がなったという統計があったと思います。ではおたふくかぜワクチン単独でもでるのでしょうか?答えは出ます、でも自然感染(数%髄膜炎合併)よりもずっと確率は低く重篤な後遺症の例もありませんので安心してください。
おたふくかぜに何回もかっかているという話をよく聞きますがおたふくかぜは1回しかかかりません。ただし他のウイルスでおこる耳下腺炎は何回でもかかります。これを反復性耳下腺炎といいます。症状は腫れと痛みです。熱は出ませんし片側性で3日ぐらいで治ります。ただしこれだけでは腫れてきた時点ではわかりません
ので、そのたびにお休みしなければなりませんね。2回以上かっかたら1月ぐらいあけて抗体の検査をしましょう、抗体があれば今後何回かっかてもおたふくかぜではありませんし休む必要もありませんね。抗体がない場合はワクチンを受けましょう。