新型コロナ対策は、紫外線、手洗い、換気、密を避ける、マスク、などの、正しい使い方に、つきます。
ポリオ、日本脳炎、ワクチンの必要性
当院のインフルエンザワクチンは、お一人様用。今年は不足気味。かかりつけの方のみ、接種可能。
抗生物質。解熱剤。頚癌と詐病とマスコミと。
 おたふくかぜ、みずほうそう、帯状疱疹、などの、の予防について。
新型コロナ対策。紫外線殺菌。消毒剤噴霧禁止。換気。床暖。マスク。送迎車禁止。かかりつけ電話相談
みずいぼ「伝染性軟属腫」は簡単に治療できます。
禁煙は簡単です、保険診療できます。
学校敷地内禁煙成功例。
先天性風疹症候群。MRワクチン(麻疹と風疹)は生涯で二度接種する。予防接種について。
高血圧症も高脂血症も糖尿病も放置すると寝たきりになります。
みずいぼ「伝染性軟属腫」は差別されます
「みずいぼ(伝染性軟属腫)」は差別されます
「みずいぼ(伝染性軟属腫)」は、 人間にしか感染しない病気です。
「みずいぼ」の内容物がウイルスのかたまりで、ひっかいて、自分自身にも、周りにも、感染を広げます。幼少児によくみられ、幼稚園、保育園、水泳教室、などで「集団発生」します。成人にも発症し、職業病として、保育士、レスラーなどに多く見られます。肌をふれあうことで、感染するため、性感染症の一つとされます。
水いぼのない子はきれいな子として抱き上げられ、水いぼのある子は汚い子として抱き上げられない、差別されると、子供の心は傷つけられます。親の配慮が求められています。
薬を半年飲んだが百個以上になり、いじめられるので、水いぼ摘除に来た方もいました。かわいそうです。親がしゃべらなければ、「関係者は、自然治癒した、薬で治る」と思ったままで、フィードバックが効きません。自然治癒があると喧伝する方の実態です。
最も確実な治療は「みずいぼ」の内容物「白色粥状物」を圧出する事です。「かゆみ」等の不快感を軽減し、自分自身への感染を減らし、他の方への感染を減らします。美容上の問題を軽減し、二次感染を防ぎます。
感染は直接触れたり、ウイルスのついたタオルなどを共用することで起こります。「みずいぼ」の数が少ないうちに処置するのが望ましい。自然消退には数ヶ月から何年も要し、その間、感染源となります。
「湿疹を持っている方」や「免疫不全の方」は、「みずいぼ」が拡大、遷延する傾向があります。