新型コロナ対策は、紫外線、手洗い、換気、密を避ける、マスク、などの、正しい使い方に、つきます。
ポリオ、日本脳炎、ワクチンの必要性
当院のインフルエンザワクチンは、お一人様用。今年は不足気味。かかりつけの方のみ、接種可能。
抗生物質。解熱剤。頚癌と詐病とマスコミと。
 おたふくかぜ、みずほうそう、帯状疱疹、などの、の予防について。
新型コロナ対策。紫外線殺菌。消毒剤噴霧禁止。換気。床暖。マスク。送迎車禁止。かかりつけ電話相談
みずいぼ「伝染性軟属腫」は簡単に治療できます。
禁煙は簡単です、保険診療できます。
学校敷地内禁煙成功例。
先天性風疹症候群。MRワクチン(麻疹と風疹)は生涯で二度接種する。予防接種について。
高血圧症も高脂血症も糖尿病も放置すると寝たきりになります。

医師のご紹介

ご挨拶


地域の皆様の頼れる『健康創造パートナー』として、皆様のお役に立ちたいと考えております。
皆様の健康に少しでも貢献できることが、医師の冥利と思っております。 
日本小児科学会認定小児科専門医です。長期の診療で小児も大人になりました。生まれてすぐの子供から百才の老人まで幅広く診療しています。

どうぞ、末永くよろしくお願いします。

経歴

医療法人 泉林会 はやし医院 の
新しいサイト は 「リンク集」 から ワンタッチ です。
https://senrinkai.jp

専門とする疾患など

医療法人 泉林会 はやし医院 の
新しいサイト は 「リンク集」 から ワンタッチ です。
https://senrinkai.jp

所属学会・認定医など

日本小児科学会認定小児科専門医です。生まれたばかりの赤ちゃんから、百才の老年まで。当院には、昔子供だった、成人、老人も、やってきます。生後2ヶ月になると、予防接種開始。ワクチンで予防できるものは、予防。本人、家族の都合のよいときに、予約不要で接種。1才になると、はしか(人類最悪の病気)、風疹(胎児がかかると悲惨)、水痘(後日の帯状疱疹神経痛の痛みは何ヶ月も続く)、おたふくワクチン(難聴になると治りません)。3才で、日本脳炎ワクチン。幼稚園、小学校では、溶連菌感染症が多い。放置して、心臓病、腎炎、等にならぬよう、抗生物質で十分に治療します。小学六年生では、HPVワクチン、子宮摘出を予防し、子孫を守ります。中学生になると、反抗期、親の言うことを聞かなくなります。小児成人病、甲状腺疾患、糖尿病、高血圧、脂質異常、骨粗しょう症、虚弱、フレイル、転倒、骨折にも注意。成人の、肺炎予防のワクチン、帯状疱疹予防のワクチン、は、効果がよく、五年間有効。肺炎、脳障害、死亡、から、守ります。
間違った事が一時流行、やがて廃れ、修正を繰り返します。「解熱剤を使わず、高熱の病人を、放置する」「お腹の子供や、赤ちゃんに、栄養を与えない」「感染症の子供に、抗生物質を与えない」「湿疹で痒くて苦しんでいる人に適切な薬を与えない」とんでもない時代もありました。
コロナで経済が相当痛めつけられています。公費でできるワクチンなどはそのままできますから、遅れないように受けましょう。コロナは、職員にも、患者さんにも、危険。コロナ疑いの方は、来院せずに、保健所の指示に従いましょう。

スタッフのご紹介

スタッフ一同(医師、看護師、保健師、事務員、管理栄養士、等)いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。