休日・夜間診療

休日・夜間の診療について

乳幼児健診と予防接種

完全予約制です。

RSウイルス

流行している感染症!!!!!

QRコ-ド

乳幼児健診、各種予防接種、診察順番予約など

アンチエイジング(美肌効果)

プラセンタの効果の効果を実感してみませんか?

おねしょ

おねしょと夜尿症のちがい

健康診断

当クリニックで行う健診の内容です。

発熱について

小児の突然の発熱について

お知らせ

子宮頸がん予防ワクチン!見合わせ!!

◆子宮頸がんワクチン定期接種 開始見合わせ!!

小6から高1までの女性に定期接種となりました。現在副作用(全身痛など)のために見合わせです。

希望の方は電話、窓口で予約してください。



対象以外にかたは今までと同じ料金は一回15.000円(税込)です。
一般に対象は10歳以上の女性で,初回,1ヶ月後,3ヶ月後の計3回接種です。

効果持続期間は約20年で感染を予防します。

予防接種のご案内

完全予約です。

●料金 : 1〜4、7、8、9、10は公費負担があるので無料 (年齢制限あり)そのほかは任意(有料)です。 詳しくは当クリニックにお問合せください。

1. 四種混合ワクチン   生後3ヶ月から可能

2. DT(二種混合)小学6年生

3. MR (麻疹・風疹混合ワクチン)

4. 日本脳炎ワクチン(新ワクチン)

5. 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

6. 大人肺炎球菌ワクチン(ニュ−モバックス)

7. 小児肺炎球菌ワクチン「プレベナー」

8. Hibワクチン 

9. B型肝炎ワクチン

定期接種となりました

10. 水痘(みずぼうそう)

定期接種となりました

11. インフルエンザワクチン



 12. 子宮頸がん予防ワクチン(現在見合わせ中!!!)

 助成開始(女性のみ) 中1から高1までは無料です。

13. 経口 ヒト ロタウイルスワクチン

毎年、冬から春にかけてロタウイルス胃腸炎の流行が認められているが、ウイルスの感染力が強いこともあり、

(商品名ロタリックス内用液1.5mL) 手洗いや消毒では完全には予防できません。生後3カ月までは母親からの免疫によって感染を起こしにくく、感染しても症状は軽いですが、生後3カ月以降に初めて感染すると重症化しやすいことが知られています。

接種年齢は生後6週間から生後5ヵ月までで生後6ヵ月まで接種可能です。

2回の経口接種で、ロタウイルス胃腸炎を予防する効果があるとされ、 接種量は毎回1.5mLとなっています。


実際、重症ロタウイルス胃腸炎の発症を92%予防することが確認されています。 このことから世界保健機関(WHO)では、重症化予防として、早期のワクチン接種を推奨しています。 なお国内臨床試験では、接種後30日間に報告された主な副反応として、下痢(3.5%)、咳嗽/鼻漏(3.3%)が報告されています。

●小児肺炎球菌ワクチン,ヒブワクチン接種

細菌性髄膜炎を予防する「小児用肺炎球菌ワクチン」「ヒブワクチン」と死亡との因果関係はありません。現在は通常に接種再開しています。 同時接種も安全です。 心配でしたら単独で接種してもかまいません。

●小児肺炎球菌ワクチン「プレベナー」

2010年2月24日より予防接種がはじまります。肺炎球菌は文字通り、肺炎の原因になる細菌です。でもそれだけではありません。ほかにも、細菌性髄膜炎、菌血症、中耳炎といった病気を起こします。
肺炎球菌というのは実はそこら中にいる菌で、子どもの多くが鼻の奥や気道に保菌しています。保菌しているだけでは問題ありませんが、残念ながら小さな子どもは肺炎球菌に対する抵抗力をもっていませんので、比較的簡単に肺炎球菌に感染してしまいます。

カゼをひくと中耳炎になることがありませんか?これはカゼによって粘膜の抵抗力が落ちると、耳で感染症を起こすためです。 このように、肺炎球菌は、耳で感染症を起こすと「中耳炎」に、肺に入り込んで「肺炎」に、血の中に入り込んで「菌血症」に、脳や脊髄を覆っている髄膜の中に入り込んで「細菌性髄膜炎」を発症します。 子どもの肺炎球菌感染症は、小児用の肺炎球菌ワクチンで予防できます。小児用の肺炎球菌ワクチンは2009年現在100カ国近くで使われていて、定期接種をしている国では細菌性髄膜炎などの重い感染症の発症率が98%下がりました。

接種スケジュールは標準として、初回免疫を2カ月齢以上7カ月齢未満で開始し、27日間以上の間隔で3回接種します。追加免疫は通常、12〜15カ月齢の間に1回接種します。合計4回の接種です。この時期に接種を開始できなかった接種もれ者には、次のようなスケジュールで通常接種します。
* 7ヵ月齢以上12ヵ月齢未満の場合:初回免疫を2回、27日以上の間隔で接種したのち、60日間以上あけて追加接種を12ヵ月齢後に1回接種します。
* 12ヵ月齢以上24ヶ月齢未満:60日間以上の間隔で2回接種。
* 24ヶ月齢以上9歳以下:1回接種。
通常、生ワクチンの接種をした場合27日以上、不活化ワクチンの接種を受けた場合6日以上間隔をおいて本剤を接種しますが、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができます。

●インフルエンザ菌b型ワクチンについて。

インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン「アクトヒブ」が、2008年12月から接種始まりました。一時中止していましたが現在再開しております。 インフルエンザ菌b型は  主に免疫機能の未熟な乳児において、細菌性髄膜炎や肺炎、中耳炎といった病気を引き起こします。  Hibワクチンは任意接種(自費)として扱われます。接種対象年齢は、生後2カ月〜5歳まで。標準開始年齢は生後2〜7カ月未満で、初回免疫として 4〜8週間の間隔で(医師の判断によっては3週間でも可)3回、追加免疫として約1年後に1回接種を行います。7カ月〜1歳未満の場合は初回免疫2回、追加免疫1回で、1〜5歳未満の場合は1回接種とされています。

●日本脳炎のワクチンについて。

1期のかたは新ワクチンの接種が可能となりました。また1期をうてずに終了してしまった方は2期に無料で1期の残りを接種することが可能となりました。また2期の方も受付しています。
ワクチンも改良され安全なワクチンです。