当院の基本的方針について

漢方診療とはどのようなものですか?

漢方が得意とする疾患

どういう時にかかったらよいですか?

軽度認知症・アルツハイマー病スクリーニング検査

血液検査により軽度認知障害やアルツハイマー型認知症のかかりやすさを調べます。

プラセンタ注射

更年期の症状や疲労回復、疼痛の治療など

神経疾患と東洋医学

神経疾患に漢方を応用する

禁煙外来について

実は依存症…治療法は?

初診の方への睡眠薬・抗不安薬の処方はお断りしています。

初診で睡眠薬を希望される方については、当院では診療及び薬の処方はできません。

火針、刺絡療法

とくに疼痛の治療に関して

初診の方への睡眠薬・抗不安薬の処方はお断りしています。

神経内科を受診される皆様へ

当院は神経内科を標榜していますが、神経内科は精神科や心療内科とは違うものです。
神経内科の適応疾患は、脳卒中やアルツハイマー病、パーキンソン病、その他の脊髄・筋・末梢神経疾患などであり、精神疾患を専門的に診察する科ではありません。
当院でも心療内科疾患を診察していることがありますが、東洋医学的な診断と治療が中心となりますのでご了承ください。

初診で睡眠薬などを希望される方に対する当院の方針につきまして

初診で睡眠薬、抗不安薬、その他精神科で使われる薬の処方を希望される方につきましては、理由を問わず一律受診をお断りしております。
これに対し、窓口で暴言や威嚇などの行為、あるいは長時間のクレームで院内業務に対する妨害行為があると判断した場合は、すみやかに警察に通報いたします。