当院の基本的方針について

漢方診療とはどのようなものですか?

漢方が得意とする疾患

どういう時にかかったらよいですか?

軽度認知症・アルツハイマー病スクリーニング検査

血液検査により軽度認知障害やアルツハイマー型認知症のかかりやすさを調べます。

プラセンタ注射

更年期の症状や疲労回復、疼痛の治療など

神経疾患と東洋医学

神経疾患に漢方を応用する

禁煙外来について

実は依存症…治療法は?

初診の方への睡眠薬・抗不安薬の処方はお断りしています。

初診で睡眠薬を希望される方については、当院では診療及び薬の処方はできません。

火針、刺絡療法

とくに疼痛の治療に関して

禁煙外来について

禁煙は難しい

タバコに依存性があることはよく知られていますが、これは嗜好品全般について言えることです。
タバコにも、お酒にも、ファストフードにも、甘いものにも、人によっては特定の食物にも、依存性があります。
精神安定剤に依存性のあることを心配している方は多いですが、より身近な酒やタバコの依存性については案外軽視されています。
禁煙外来では、チャンピックスという薬を使って禁煙をサポートしますが、「たばこ依存症」としての治療が必要になる場合も多く、認知行動療法的な方法を行っていただく場合もあります。
禁煙治療は人にもよりますが案外難しく、一度でうまくいかずに再度トライになる方もいらっしゃいます。
あきらめずに、禁煙にぜひトライしてみてください。
薬が副作用で服用できない方などのために、耳針療法(耳のツボに小さな銀色の粒を張り付けて禁煙したい欲求を抑えるもの)なども行っています。

チャンピックスについての説明(外部リンク)

http://sugu-kinen.jp/patient/howtotake.html