当院の基本的方針について

漢方診療とはどのようなものですか?

漢方が得意とする疾患

どういう時にかかったらよいですか?

軽度認知症・アルツハイマー病スクリーニング検査

血液検査により軽度認知障害やアルツハイマー型認知症のかかりやすさを調べます。

プラセンタ注射

更年期の症状や疲労回復、疼痛の治療など

神経疾患と東洋医学

神経疾患に漢方を応用する

禁煙外来について

実は依存症…治療法は?

初診の方への睡眠薬・抗不安薬の処方はお断りしています。

初診で睡眠薬を希望される方については、当院では診療及び薬の処方はできません。

火針、刺絡療法

とくに疼痛の治療に関して

プラセンタ注射

プラセンタ注射について

プラセンタ(人胎盤エキス製剤)の皮下注射を行っています。
製品はメルスモン及びラエンネックを用いています。
プラセンタは様々な生体機能を活性化させることにより、免疫力の向上や抗加齢効果、更年期障害や乳汁分泌不全の改善、ホルモンバランスの調節、疼痛の緩和などが期待されています。
一般的には一日おきに皮下注射に来院いただくことになりますが、通院の頻度や費用などにつきましてはお問い合わせください。
ツボへの局所注射も行っております。ツボ自体への作用が期待できるほか、疼痛部位付近のツボに注射をすることで疼痛の緩和作用も期待できます。
効果には個人差があることや基本的に自費診療となること、プラセンタ療法を受けられた方は輸血や臓器提供(提供される側の同意が得られない場合のみ)ができなくなります。
より具体的な効果及び副作用などにつきましては、直接ご来院いただいてお話を聞いていただくか、もしくはお問い合わせください。