本が出ました。

「患者に学んだ成人型アトピー治療、脱ステロイド・脱保湿療法」のご紹介、お願い文書雛型

本が出ました。その2

・こども向けのアトピーの本を出しました
・保育所・幼稚園へのお願い文書

アトピー性皮膚炎講演会の案内

福井きらきらぼし
兵庫きらきらぼし
京都きらきらぼし

アトピー性皮膚炎講演会の報告

・8,9月[京都大阪東京]
・7月[兵庫]
・6月[京都]
・6月[広島大阪堺]
・3月[大阪堺]

アトピー性皮膚炎講演会の報告

・2月[京都]
・1月[兵庫]
・12月[京都]
・11月[大阪堺]
・10月[京都]

アトピー性皮膚炎講演会の報告

・第16回[和歌山]
・第15回[高知]
・第14回[静岡]
・第13回[鳥取]
・第12回[東京]

わいわいトーク

・第53回
・第50回
・第49回
・第48回
・第47回
・第46回
・第45回
・第44回

子どもの喘息と包茎について

子どもの喘息と包茎にステロイドが必要か

わいわいトーク

第53回「わいわいトーク」栄養相談

今回は7組16人の参加でした。

「朝食の大切さ」について農政局の方の話を伺いました。

朝食を毎日食べると
テストの成績が良い
体力がつく
肥満になりにくい
イライラしない
やる気が出る
いいことばかりです。
朝の忙しい時間ですが、子どもと一緒に食べると親子のきずなが深まると思います。

渡辺栄養士の紙芝居のはじまりはじまりー。「たべたいのなーに」です。乳幼児の間にいろんなものを食べさせていくことが大切だという話でした。

近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。
フード・アクション・ニッポン 推進本部 syokuryo.jp みんなで自給率アップ!


今回の試食も美味しかったですね。


渡辺栄養士に感謝!

次は10月23日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科

第50回「わいわいトーク」栄養相談

2月13日、なぜかキャンセルが多く5組でした。付添いのお兄ちゃん、いっぱい食べてたね。残らなかったよ。ありがとう!

さて、農政局の方のお話。「お米の栄養」というテーマです。ご飯はさまさまな種類のおかずと相性が良く、ごはん中心に献立を組むと栄養のバランスが良いそうです。ごはん1杯の中には、ブロッコリー半分の亜鉛、セロリ3分の1の食物繊維、ほうれん草の葉2枚分の鉄、牛乳2分の1杯分のたんぱく質、ジャガイモ3個分の炭水化物等含まれています。良質な栄養を中に持っているということですね。さて、ちょっと紹介ということで、随分前からご自宅で手作り味噌を作られているそうで、簡単なので一度チャレンジされてはどうかというお話でした。今、ネットでみると、作り方の動画もありました。簡単そう…。

近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。

渡辺栄養士の紙芝居「はぶらしちゃんと」食べた後は歯を磨こうということを楽しく書いています。

オーストラリアからアトピー治療のために一時帰国されている方の話を聞きました。家族が選んだ治療ができないため、日本に帰国されたのですが、ずいぶん改善されています。オーストラリアの医療機関にもこの事実を認めていただければと思います。

今回の試食も美味しかったですね。


渡辺栄養士に感謝!

次は4月24日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科

第49回「わいわいトーク」栄養相談

12月12日、今回もあとぴっこが多かったですね。

投げキッスをしあっているあとぴっこ達。うんうん、大好きなんだね!さかいきらきらぼしで出会ったあとぴっこ達、話が弾んでました。湿疹が気にならなくなったと言ってられた方も!そうそうそれが大事なんです。

さて、農政局の方のお話。「すごいぞ!野菜と果物パワー!」です。すごーい!目や皮膚や血液、骨、筋肉などに大きな影響があるんですね。http://www.5aday.net/fact/p12/index.htmlに詳しく載っています。大阪は全国で野菜を食べる量が最下位だそうです。さらに美味しい調理方法「蒸し炒め」を紹介してくださいました。栄養価を逃がさず、おいしく、簡単、そして省エネだそうです。


近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


渡辺栄養士の紙芝居「食べたいものなーに」にぎやかだった赤ちゃんたちも、じっと見ていました。分かるんだね。

参加者から:手づかみ食べをさせるのはどうすれば?
渡辺栄養士:お皿に入れてほっとく、見ない。するとそのうちに自分で食べるように。

今回の試食は「黄粉をまぶしたおにぎり」、おいしかったです。今までで一番よく食べた1歳児も!

ケーキ専門店フローレンス(http://www.florence-cake.jp/index.html)の特製クリスマスケーキ「シフォンケーキ」が!さすがプロ!サプライズでした!参加者のみなさん、良かったですね。


渡辺栄養士&フローレンスに感謝!

次は2月13日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科


第48回「わいわいトーク」栄養相談

10月24日、今回もあとぴっこばかりでした。

ずっと、見詰め合ってるあとぴっこ達。分かるのかなー。自分と同じ道を歩んでるということが。まるで恋人みたいでした。
さて、農政局の方のお話。日本型食生活という話です。和食がユネスコに無形文化財として申請されたという話をお聞きになった方も多いのではないでしょうか。まず、栄養バランスがいい。和定食だと脂質17g、洋定食だと40g。食料自給率が上がる。地産地消の拡大が図れる。健康のために、自分の食生活を見直すことも必要かも知れませんね。


近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


渡辺栄養士の話。同じ目線で、手づかみ食べを、無理強いしないでと。
参加者から:海苔で巻くとか、ご飯を工夫し食べるようになった。こんなの大丈夫かなと親が思っても実際食べてくれた。上は1歳まで母乳だったが、下は5か月から親と同じものを。スプーン持たせたり、母の手で食べさせたり、手づかみで食べるように。
今回の試食は「さんまの生姜煮」リクエストして作っていただきました。極上の逸品です。ぱさぱさしたさんまが、まろやかに、しかも骨まで食べることができます。7か月の赤ちゃんたちが美味しそうにパクパク食べていました!食べないと嘆いていた赤ちゃんたちです。みなさん、お試しあれ!
http://gokidoc.net/detail_medical.php?shop_cd=3301-00002442-000&url=clinic_doctor&doc_no=6にレシピが。


渡辺栄養士に感謝!

次は12月12日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科


第47回「わいわいトーク」栄養相談

8月29日、今回もあとぴっこばかりでした。成人の方も参加してくださいました。近畿農政局の方の話です。「ごはんで6つのいいこと」という話です。いつもためになります。ごはん1杯分(150g)に含まれる栄養ってすごい!タンパク質は牛乳瓶半分強、食物繊維はリンゴ3分の1、ビタミンB1はキャベツの大きい葉1枚分等、こんなにあるんですね。朝食を食べると、体を目覚めさせ活動の準備ができます。肥満防止にもなります。炭水化物が55.7gもあるので脳のエネルギー源のブドウ糖になります。食物繊維も不溶性で便通を良くします。ビタミンやミネラルはお肌にもいい。最後に粒食なので消化吸収がゆっくり。目覚めがいい、体にいい、頭にいい、お腹にいい、お肌にいい、腹持ちがいいといいこと尽くしです。


近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


渡辺栄養士の紙芝居、子どもは台所の音を聞くことで、食への興味が出てくるんですね。
「食べない」というあとぴっこ。理由がわかりました。子どもが食べこぼすのが嫌だったんですね。すぐに片づけてしまっていたんです。ゆっくり待ってあげてね。8か月になれば炒め物や揚げ物も欲しがればあげてみてくださいとのことです。赤ちゃんの消化管は大丈夫です。
ステロイドを止めているのにいつになったら治るのかと思っておられる方もいましたが、焦らずに待ってあげましょう。アトピーに振り回されることの無いように。必ず良くなります。


試食もおいしい!久しぶりにニンジンゼリーが!


渡辺栄養士に感謝!

次は10月24日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科


第46回「わいわいトーク」栄養相談

6月27日、今回は全員あとぴっこ達でした。いいですね。お友達いっぱいできたでしょうか。人数も多かったので、渡辺さんおにぎり握るの大変だったでしょう?

近畿農政局の方のお話です
「朝食の大切さ」というテーマでお話していただきました。「めざせ、早寝早起き朝ご飯!」車のエンジンに当たるのが「脳」です。ガソリンに当たるのがブドウ糖。脳のエネルギーはブドウ糖です。ご飯はゆっくり吸収され、長時間ブドウ糖を安定して供給します。朝ご飯のポイントは、決まった時間、誰かと一緒にということ。また前日献立を決めておけば楽ですよ。朝食を食べると学力調査でもいい成績が。やる気も起こります!


近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


子育てをする中で「譲れないこと」はありますか?何でも子どもの言うがままにはなっていませんか?あとぴっこ子育ても、子どもに振り回されないことが重要です。早く寝かしたいなら、部屋を真っ暗にして一緒に寝る、そういう環境を整えることが必要です。ご飯を食べると、アトピーが良くなるとみな言われます。無理強いしないことも大事ですね。必死になると食べません。味や形を変えて作ってみるということも。間にしょっちゅう食べさせるとお腹がすかなくなってしまうので、時間を空けることも。やはり遊び足りないとの渡辺さんの指摘が。確かに昔は子育てを近所の人たちが助けてくれました。子育てしにくい時代になっています。あとぴっこならさらにしんどいですね。でもみんなで一緒に遊べたらいいな。

試食もおいしい!


渡辺栄養士に感謝!

次は8月29日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科

第45回「わいわいトーク」栄養相談

4月25日、入りきれるかというぐらいの人数でした。
今回はあとぴっこの方が多かったですね。この機会にまた友達が増えたかな。
まず農政局の方のお話。「男子食堂」という冊子を頂きました。ためになります。ここでのトピックは「調理法でビタミンの吸収率が変わる」ということでした。ビタミンAの吸収は、生で食べると10%、煮ると30%、油で炒めると50〜60%にもなります。みなさん、ご存知でしたか?植物油はビタミンEの供給源としても重要なんですって。成人では植物油は1日小さじ2杯が適当な量です。


近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


渡辺さんの紙芝居の始まり始まりー!「どんな味?」という題名。「すっぱい、辛い、苦い、甘い」を説明します。1歳以下でも味はわかるので、体験させることは大事だということだというお話でした。渡辺栄養士の紙芝居は本職顔負けです。
参加されたお母様のうちお二人、お子様が寝入ってから、離乳食を作ったり、裏ごししたりとかをしているとのことでした。びっくりしました。裏ごし?したことありません、そんな面倒なこと。試食のおにぎりやほうれん草の胡麻和えをパクパク食べているのを見て、もう裏ごし止めたって言われました。もうお一人の方もせっかく作っても食べないって言ってました。きっとおいしくないんでしょうね。公的機関に「赤ちゃんは未熟」「濃い味に慣れさせたらどんどん濃くなる」「早くから3回も食べさせたら体がへたる」等さんざん言われますが、果たしてこの証拠はあるのでしょうか。大人と同じ2000kcalを赤ちゃんが食べるわけがありません。
重症のあとぴっこは早くからいっぱい食べないと良くなりません。4か月から始めた赤ちゃん、5か月で3食食べた赤ちゃん、6か月で3食、1食が子ども茶碗3杯食べた赤ちゃん、数えきれない赤ちゃんがこのやり方でアトピーを克服してきました。
試食もおいしい!


渡辺栄養士に感謝!

次は6月27日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科

第44回「わいわいトーク」栄養相談

12月というのに7組集まってくださいました。飛び入りの大人の方も2人。
まず農政局の方の話です。地震など災害時の備えとしては、大阪府民880万人いますがコメの備蓄は1割分しかありません。まず1食は自分で、1食は地域で、残り1食は大阪府でという話でした。2日目からは国がするという話です。阪神大震災を経験されたみたいで、一番困ったのが「水」だそうです。トイレタンクの水を利用されたとのこと。経験から言われることは重みがあります。要するに行政が何とかしてくれることを期待するよりは自分自身である程度準備をしておくということだなと感じました。

近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


渡辺さんの紙芝居の始まり始まりー!「はいはいあーん」赤ちゃんがはいはいして家族のところへ行き、おかゆやビスケットをもらい、母親に抱っこしてもらいます。家族の信頼関係が「ごはん」から始まるというお話です。最近食べることに興味を示さない子どもがいて気になっています。子どもの食事を見直す必要があるのかもしれません。渡辺栄養士の紙芝居は本職顔負けです。
参加されたお母様が、離乳食の本を見て作ったが食べなかった、大人のものをあげて大丈夫かと思ったが食べてくれたと言われました。美味しいか美味しくないかが小さくってもわかっているんです。美味しい味付けのものをみんなで食べるという事が大きいのかもしれないですね。
試食もおいしい!


渡辺栄養士に感謝!

次は2月14日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科

第43回「わいわいトーク」栄養相談

今回は人数が少なかったのですが、とても賑やかでした。

試食にさんま煮物が前回に引き続き、再登場!圧力鍋で炊いているので骨まで食べれて、薄味ですがとても美味しかったです。

農政局の方は欠席でした。いつもありがとうございます。前回お弁当の日について話を聞かせていただきましたが、12月9日に大阪市で「子育てと食育セミナー〜台所に立つ子どもたち・弁当の日〜」講演があります。12月26日にもあるそうです。「お弁当の日」を通じて、子どもたちが台所に立つようになりました。「か ぞ く」が「家族」になりました。2001年香川県綾川町立滝宮小竹下校長が始めた「お弁当の日」全国に広がっています。

近畿農政局のhttp://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html
農林水産省ホームページhttp://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.htmlにアクセスを。
日本農業新聞(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp)のホームページも見てね。


渡辺さんの紙芝居の始まり始まりー!「何の味?」本職顔負けです。
食べないという子どももいましたが、何故かここでは食べるんですね。美味しい味付けのものをみんなで食べるという事が大きいのかもしれないですね。


渡辺栄養士に感謝!

次は12月13日(木)乞ご期待!!!
佐藤小児科