鼻からの胃カメラのご案内。
当院の施設、医療機器の説明です。

経鼻内視鏡

鼻からの胃カメラが楽な理由

誰でも喉の奥を指や歯ブラシで押さえると「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。胃カメラがしんどい、つらい理由はこの反射にあります。胃カメラを楽に受けて頂くためには、いかにこの反射を抑えるかにかかっています。
鼻からの胃カメラ(経鼻的胃内視鏡)が楽と言われているのは、鼻から入れる場合は舌の根元に触れないので、咽頭反射が少ないためです。この方法で胃カメラが、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査することが可能となりました。

鼻からの胃カメラがなぜ可能となったか

苦痛が少ないといわれる鼻からの胃カメラが、なぜ最近になり可能となったのか。それは内視鏡機器の進歩にて鼻から挿入できるほどの細い内視鏡が開発されたからです。当院では最近開発されたオリンパス社製の極細内視鏡を使用しています。以前の一般の内視鏡の外径が約9mmですが、極細内視鏡の先端部の外径は約5.6mm。鉛筆よりも細い内視鏡なので、鼻からもスムーズな挿入が可能です。また従来のように口から挿入する場合でもかなり喉の不快感が軽減されています。

経鼻内視鏡の実際

検査当日は朝から絶食で来院して頂きます。まず鼻の痛みを抑えるため鼻の麻酔(鼻腔麻酔)を行います。左右の鼻のうち、通りのよい鼻を選択していただきます。
鼻の通り道(鼻道)のむくみを取るために、血管収縮剤を鼻腔にスプレーして鼻道を広くします。また、これにより鼻腔の毛細血管が収縮して、鼻出血の予防にもなります。
つぎに、粘度の高い麻酔ゼリーを鼻腔に注入します。さらに麻酔ゼリーを塗った細い管を鼻腔に2-3分挿入します。鼻が敏感な人でも麻酔のやり方を工夫して時間をかけることにより安全に検査が受けられます。
その後、内視鏡を鼻から挿入していきます。鼻の違和感はありますがスコープが細いため苦痛はかなり軽度です。スコープは舌根を通らずに鼻からのどに達するので、吐き気はほとんど起こりません。スコープが胃に入れば、胃を空気で膨張させて観察します。検査中の腹部膨満感(おなかが張る感じ)を若干感じることがあります。
鼻からの胃カメラの場合、検査画面を見ながら会話が可能で、医師とのコミュニケーションがとれるので、検査中の不安感や緊張感が少なく、大きな余裕が生まれます。このことも鼻からの胃カメラが楽になる大きな要因と思われます。