主な検査機器の紹介(2)

血圧脈波検査装置

下肢の動脈の狭窄・閉塞の評価、血圧に依存しない動脈固有の硬さ(血管年齢)を評価することができます。 
高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の診断、治療効果の判定などに使用します。

スパイロメーター(肺機能検査機器)

呼吸機能を検査するための器械です。喘息や肺気腫など、肺の呼吸機能を損ねる疾病の検査に用います。

デジタルX線画像診断システム

デジタルX線で撮影した画像を、診断しやすく画像処理する装置です。
これにより、コンピュータによる画像処理は軟部から骨部まで豊富な診断情報と安定した鮮明な画像が得られます。そして今までのX線より、少ないX線量で撮影ができますので、撮影部位によりX線による被曝量が少なくなります。