最新情報

創立30周年祝賀パーティー開催

各科の紹介

看護科、臨床工学科、栄養科より

フットケアについて

当院の透析患者さんのフットケアを紹介します

合同災害訓練開催

第8回合同災害訓練を開催致しました

メタボリック症候群と腎臓

〜メタボリック症候群と慢性腎疾患(CKD)の関係〜

血管を若く保つためには

〜動脈硬化予防の総合戦略〜

高血圧の話

〜血圧と塩分の関係〜

学会発表報告

第62回日本透析医学会へ参加しました。

Dialysis in Tokyo

Introduction of Nishi Clinic in Tokyo

一般外来からのお知らせ

健診、ワクチン接種など

各科の紹介

看護科の紹介

西クリニックの看護師(NS)

 透析クリニック専門病院として専門医のもと個々の患者さんとその家族に必要な看護・支援を提供していきたいと考えています。看護師の長として常にスタッフの業務がしやすい環境を整えることで患者さんに質の高い看護が行えると思っております。

【看護理念】
チーム医療の一員として透析看護のスペシャリストを目標に、疾病に対する患者さんや家族の反応と受容レベルを診断し円滑な治療が継続できるよう自己管理能力確立への支援、援助を行い、無症状で安楽な透析・質の高い看護を目指しています。

【特徴】
患者さんの体調がよく元気で生活できるように、患者さんのベットサイドに行き相談できる環境をつくっています。また、患者さんの支えとなる家族においても相談に応じられる体制を整えています。透析治療はもちろん、日常生活においても安心して長生きできる事を常に一緒に考えています。

看護師長 山川浩子

臨床工学科の紹介

西クリニックの臨床工学技士(CE)

 CEは、厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作および、保守点検を行うことを業務としています。 
 生命維持管理装置とは、呼吸(肺)、循環(心臓)、代謝(腎臓)の機能の一部を代行する装置です。

【業務理念】
 チーム医療の一員として、臨床工学分野の知識と技術の向上に努め、安全な透析・無症状で安楽な透析・効率の良い透析を目指しています。

【特徴】
 機械の操作・保守管理の基本的な業務では、特に透析液の清浄化に力を入れています。臨床面でも、積極的にベッドサイドへ行き、看護師とは違った立場で患者さんと関わっています。また、クリットラインなどの身体計測装置や血液検査値のデーターをきめ細かく評価し、医師に情報提供し診療の補助を行っています。ポータブルエコーを用いたバスキュラーアクセスの管理もCEも重要な業務です。 その他、透析の準備から終わりまで、患者さんが安心して血液透析が受けられるように、日々努力をしています。
大学病院を何でも売っている百貨店とすると、当院は高い技術をもち、痒いところに手が届くような専門店でありたいと考えています。

主任 山川淳一

栄養科の紹介

西クリニックの栄養科

私たち栄養科の業務は、大きく分けて3つの柱から成り立っています。

1.外来透析患者さんの栄養管理

*血液検査結果に基づき、透析中ベッドサイドで個別にきめ細やかな栄養指導を行っています。
*透析導入期に患者さん及びご家族の方に指導冊子、パンフレット、フードモデルを使った透析食の栄養指導を行っています。

2.入院患者さんの栄養管理

*病状に応じた出来立ての入院食を提供しています。

3.一般外来患者さんの栄養管理

*腎不全保存期・糖尿病・肥満・塩分制限他の栄養指導を行っています。
*食事記録を基に、適切なアドバイスを行い継続的に指導しています。


外来透析患者さん向けの透析弁当

1食500円で提供しています
      エネルギー:550〜700kcal
      タンパク質:18〜25g
      塩分:2.0g前後

栄養科スタッフ4人が病院内で作る透析弁当です



一般外来での栄養指導