検査装置の画像

【全自動血球計数器】(画像左の装置)

血液検査装置です。炎症、感染症や貧血の程度など体の異常を迅速に判別いたします。

【免疫反応測定装置】(画像中の装置)

CRP(C反応性タンパク)測定装置です。CRPを調べると炎症の早期診断や他の検査と組み合わせることによって、急激な組織の破壊や病気の重要度、経過、治療成績などを判定することができます。また、狭心症や急性心筋梗塞の鑑別する指標としても用いられています。

【ヘモグロビンA1c測定装置】(画像右の装置)

糖尿病のコントロールの指標となる血液中のHbA1cや微量アルブミン/クレアチニンの測定を行います。短時間で測定が完了します。


【尿化学分析装置】

尿検査が簡単にできます。