■ホームページをリニューアルしました■
新しいページへリンクします。

ホームページがリンクしない方は下記よりご覧ください。
医療法人 森田耳鼻咽喉科医院 新サイトへ
<A>県内感染症情報:現在、埼玉県内、川越市内発症数の多く見られる疾患は、ヘルパンギーナ、感染性胃腸炎、A群溶連菌扁桃腺炎、流行性耳下腺炎、流行性角結膜炎です。
<B>花粉症情報:治療については、「当院のご案内」の花粉症対策の項目。および、対策については、「花粉症のこころえ」の項目をご覧下さい。
<C>花粉症の種類と飛散時期:日本では主にスギ、ヒノキ2-5月。カモガヤ(イネ科)5-7月。ブタクサ(キク科)8-10月。キク科のヨモギ、セイタカアワダチソウは場合により11月位まで注意が必要です。又通年性(一年中)の場合は花粉よりむしろハウスダスト、ダニに由来するものがほとんどです。
<D>発熱のみられない長引く咳:喘鳴を伴わない咳嗽が8週間以上続く場合咳喘息’の可能性もあります。
<E>乳幼児,小児の繰り返す難治性中耳炎:中耳炎の起因菌は主にインフルエンザ菌肺炎球菌などの細菌ですが、最近これらのうち抗生剤に抵抗する耐性菌が増加しています(これら細菌のうち実に60%に耐性菌がみられるとの報告もあります)生後6ヶ月から2才位の乳幼児に多く見られ、耐性菌の出現が主な原因ですが、そのほか周囲の環境要因(集団保育、兄弟間の感染症の共有など)も考慮すべき一因でしょう。適切な薬剤の選択をしないと治療が長引くことがあります。そのためにも薬剤感受性検査は必要となります。適切な治療を行ってもそれでも再発難治性の場合には鼓膜切開や鼓膜チューブ留置術を行います。(鼓膜切開をしたために将来難聴になったり中耳炎を起こしやすくなることはまずありません) これら難治性の繰り返す中耳炎も5才位には落ち着き中耳炎を繰り返さないようになり、10才位になると中耳炎をしなくなるケースがほとんどです。乳幼児の中耳炎にあたっては注意深く適切な処置、治療が必要と思われます。また、最近これら難治性の繰り返す中耳炎の起因菌として肺炎球菌の存在が注目されています。難治性中耳炎を繰り返す乳幼児の患者さんには、早目のワクチン接種をお勧めします。
<F>スギ花粉舌下免疫療法は完全予約制です(未定)。現在使用薬剤の厚生省認可はおりておりません。

新富町,川越市,埼玉県、耳鼻咽喉科、アレルギー科、気管食道科、 森田耳鼻咽喉科医院 当院概略

病院・医院名  森田耳鼻咽喉科医院
診療科目 耳鼻咽喉科、アレルギー科、気管食道科
診療受付日時
診療時間
am 9:30〜12:00
pm 2:30〜6:00
【休診】
日曜、祝日休診。毎月の詳しい休診日につきましては、「お知らせ」をご覧ください。


▼当院の混雑度予測
 
午前
午後
:]30分程度待つ場合があります。
:15分程度待つ場合があります。 
:比較的空いています。
*お天気が悪い場合は比較的空いています。
*急患及び他病院からの紹介患者さんが居られる場合は待ち時間に多少の変動があります。
*学会及び学校検診(幼稚園小中高)のある曜日は受付時間等の変更があります。
診療予約 ]予約の必要はありません
所在地 〒350-0043 
埼玉県川越市新富町2丁目21-8
病院・医院地図 ≫印刷
電話・FAX 電話: 049-222-1535

医療情報

当院で可能な検査および主な紹介先病院の御案内です。
バーチャル問診です。ご自分の思い当たる症状と照らし合わせてみてください。
花粉症対策など
携帯電話宛先URL送信
このホームページは携帯電話でもご覧になれます。下記の空欄に携帯電話のメールアドレスを入力して、[送信]しますと、携帯にこのホームページURLが送られます。
左のバーコードを対応している携帯で読み取ると、携帯版のホームページも接続できます。
当サイトの一部は、安心してご利用いただける様、高度な128ビットSSL暗号化通信を導入しています。入力される各種情報は最高水準のセキュリティで保護されています。