超音波診断装置、眼底カメラなどをご紹介しています。
回復室・機器をご紹介しています。
院長診察室・処置室をご紹介しています。 
診療機器などのご紹介です。

診療設備 2

<回復室>

回復室は2階にありますが、エレベーターで上がって頂きますので、足が不自由な患者様でも安全に移動して頂けます。
廊下には外からの外光を十分に取り入れ、明るく清潔に保たれています。
ベッドの間がカーテンで仕切られております。
術後、1時間〜1時間半安静にした後、帰宅して頂けます。

<手術室>

手術室はクリーンな状態を保ち、最新の器械を用いて白内障等の日帰り手術を行っています。
【インフィニティ ビジョンシステム】
日々刻々進化する白内障手術に対応するため、最新の白内障手術装置を使用し、最新のソフトを使用。
小切開白内障手術を低侵襲で短時間で行うことを実現してくれます。また、OZIL(トーショナルフェイコ)の採用による堅い(重度の)白内障も破壊吸引が可能です。
院長診察室・診察室の様子については【診療設備 3】をご覧ください。