医療法人誠樹会 宮田医院トップページへ 医療法人誠樹会 宮田医院からのお知らせ 医療法人誠樹会 宮田医院のご案内 医療法人誠樹会 宮田医院までの交通案内 医療法人誠樹会 宮田医院初診の方へ 医療法人誠樹会 宮田医院によくある質問 リンク集
医療法人誠樹会 宮田医院によくある質問

私の腰痛はAKAで治りますか?
AKAは、関節機能異常をよくする(関節包内運動の異常を正常な状態に戻すことにより、関節の動きをよくすること)で、特に骨盤にある仙腸関節を重視しています。朝起きて動き出しが痛いが、動き出すとましになると言うように、同じ姿勢を続けていると動き出しが痛いが動くと痛みがましになるようなケースには効果的です。全ての腰痛に効果があるわけではありません。なぜなら、腰痛と一言で言ってもいろいろな原因があるからです。 
体を支える背骨や椎間板(背骨の間にある軟骨)、関節、筋肉、内臓などに問題が生じると腰痛を引き起こします。たとえば、70歳以上の方がいつもと違う強い腰痛になった場合、背骨が骨折している場合が多く、3人に2人は骨折であるという報告があります。また、内臓由来の腰痛として、胃潰瘍、尿管結石、大動脈解離、子宮筋腫、腹部の癌などがあります。
こういったことが原因で起こる腰痛は、AKAで治すことはできません。詳しくは、診察にてご相談ください。

病院で脊柱管狭窄症と言われて、手術を勧められました。背骨の手術なので怖いです。手術せずに治す方法はないのでしょうか?
脊柱管狭窄症になっても、多くの方は薬とリハビリでよくなり、手術せずに症状が軽減します。当院では、脊柱管狭窄症があっても日常生活に支障なく暮らせることを目標に治療しております。但し、尿が出にくくなった場合泌尿器科での検査の結果次第では手術をお勧めします。

昔、腰椎椎間板ヘルニアになってから毎年腰が痛くなるんです。後遺症なんでしょうか?
腰椎椎間板ヘルニアになっても、多くの脱出した椎間板は自然吸収されて小さくなって治まります。このことを知らないと一旦腰椎椎間板ヘルニアと診断されると、その後に生じた腰痛を全てヘルニアが原因と思い込んでしまいます。日々診察すると大半は別の原因による腰痛で、適切に治療すればよくなります。
また、腰痛を繰り返される方は、日々の体の使い方、背骨や骨盤の関節の動きが悪くなっている(体が固い)、体幹筋力に問題なある方が多いのですが、この場合リハビリでよくなります。

膝が痛くて人工関節の手術を勧められているんですが、友達が手術して歩けなくなったそうなんです。だから手術するのが怖いのですが…。
変形性膝関節症による膝痛があっても、ヒアルロン酸の注射とリハビリで多くの方が症状改善されます。当院では、変形性膝関節症があっても日常生活に支障なく暮らせることを目標に治療しております。しかし、このような治療を行っても改善されず日々の生活に支障のある場合、人工膝関節置換術をお勧めします。この手術をした後、患者さん本人のリハビリが大事です。手術後患部を動かすことを怖がってリハビリが十分にできないと、歩くことすら怖くてままならなくなる場合があります。

肩が凝ってしょうがないんです。昔、交通事故で後ろから追突されたことが原因なんでしょうか?
昔の交通事故の後遺症のせいで頸部痛が生じることはほとんどありません。当院に交通事故の後遺症が原因で通院されている方は皆無です。つらい肩こり症状の多くは、首の神経由来の肩こり痛で、薬や血管注射で良くなる方が多いです。
”肩こり”の意味には3つあります。首肩付近の筋肉の奥の方が重だるくズシッとした感じがしてつらい自覚症状と、首肩付近の筋肉が凝り固まって固くなった他覚所見。固くなっていてかつ自覚症状がある場合に肩こりと定義しています。肩こりという自覚症状を引き起こす病気はたくさんあります(頸部神経根症、心筋梗塞、肺尖部癌、顎関節症、更年期障害等)。この場合、病気の治療をすることが必要です。病気以外では、首肩の筋肉が凝り固まった場合と逆に伸び切ってぴんぴんになって硬くなった場合があります。多くの女性の肩こりはぴんぴん型でこれはマッサージでは治らず筋肉を鍛えるリハビリで治ります。

腰がすごく痛いのに、MRIの検査では異常がないと言われました。異常がないのに、なぜこんなに腰が痛いのですか?
腹痛の原因の大半は、飲み過ぎ食べ過ぎ、お腹が冷えた、便秘下痢などで、これらは病気ではなく体調不良です。腰痛の85%は非特異性腰痛と言われ、レントゲンやMRI、血液検査等で異常を見つけることができない腰の機能障害です。これを引き起こす要因は、腰に負担をかける日々の生活、背骨や骨盤の関節の動きが悪いこと(体が固い)、体幹下肢筋力不足、間違った腰の使い方、日頃のメンテナンス不足などです。これらを解消するようにリハビリを行えばよくなります。