当院のご案内

当院の診療方針

${gpgClinicPhoto_alt}

当院では、患者さんが満足し安心できるよう、 1.まずは患者さんの話をじっくり聞くことから診療が始まります。 十分な病歴の聴取と身体所見から診断に至ることが基本と考えています。 2.丁寧でわかりやすい説明を行っています。 ご自分の病状について十分に理解し、納得して治療を受けて頂けるように、わかりやすく説明することを心がけています。 3.検査づけ、薬づけにしない 検査は患者さんの話を十分に聞いて導かれた診断が正しいかどうかを確認するために行われるべきと考え、不必要な検査はできるだけ避けるようにしています。また、治療については生活習慣の改善を主として、薬についても急性疾患にはできるだけ短期間に、慢性疾患には少数・少量の投薬ですむよう注意しています。

診療科目

内科,消化器科,糖尿病・代謝内科

診療時間

診察時間
9:00〜12:15
14:00〜17:45
【休診】土曜午後・日曜・祝日
※受付時間は変更する日があります。

院内・診療設備など

受付・待合室
ソファーがあり、リラクゼーションの音楽の流れる落ち着いた雰囲気の待合室でお待ちいただけます。
アレルギーの方に配慮した空気清浄機を設置しております。

診察室

処置・回復室
リクライニングのできるメディカルマッサージチェアーにて回復までお休みいただけます。

特色とする治療法など

胃カメラは経鼻内視鏡(フジノン製極細径スコープ)を導入し、苦痛の少ない検査を行っています。スコープの先端は従来の約半分、5.9mmの細さです。鼻から入れる胃カメラでは舌の付根(舌根部)にカメラが触れることはありませんから、ほとんど「オエッ」となりませんし、患者さんが目の前に置かれたモニターを見ながら医師と会話もできます。鎮静剤の投与も不要です。

今まで口からの内視鏡検査を受けて、つらかった、苦しかったという経験のある方、そのようなイメージから胃の内視鏡検査を敬遠されている方、胃が気になる方など、気軽に鼻からの内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか?