「頭痛外来」について

当院の「頭痛外来」について

禁煙治療(禁煙外来)について

当院の「禁煙外来」について

「もの忘れ外来」について

当院の「もの忘れ外来」について

「血管年齢」「肺年齢」など

動脈硬化検査、呼吸機能検査、睡眠時無呼吸症候群検査、AEDについて 

予防接種について

新しい予防接種の情報を掲載しました

お知らせ

インフルエンザ予防接種のお知らせ

【令和1年度インフルエンザ予防接種】

*インフルエンザ:今年度のインフルエンザ予防接種は1月31日(金曜日)までです。

*今年度の接種料金は、3,900円(税込)です。

(名古屋市在住の65歳以上の方は今年度も1,500円(税込)です。)

*電話、受付窓口で予約する際に接種予定日も予約して頂きます。

*ワクチンの確保の為、接種日は予約の一週間目以降となります。

*接種日を変更する場合には、必ず連絡をして頂きます。

*接種予定日に連絡なしでおみえにならなかった場合は、自動的に予約はキャンセルとなります。その場合改めて予約を取り直して頂きます。

インフルエンザ予防接種で ご来院の際には予診票をダウンロードし、ご記入の上お持ち下さい。

【予診票のダウンロード(PDFファイル)】

>>インフルエンザ予防接種予診票(PDFファイル)

※PDF形式の文書をご覧頂くには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。 お持ちでない方はこちらから入手できます。

名古屋市予防接種のご案内

【名古屋市定期予防接種】

1. 二種混合(DT:破傷風、ジフテリア):11歳の誕生日から13歳の誕生日の前日まで

2.定期麻疹・風疹混合(MR)第1期(1歳の誕生日〜2歳の誕生日の前日まで)、第2期(6歳となる日の属する年度にある方:年長児相当)

3.日本脳炎第1期3回(生後6カ月〜90か月までの方)、第2期1回(9歳の誕生日から13歳の誕生日の前日まで)

4.定期4種混合(破傷風、百日咳、ジフテリア、不活化ポリオ)(初回3回接種:生後3カ月〜90か月までの方)

5.ヒブ(Hib)ワクチン(4回接種)
対象:生後2カ月〜5歳の誕生日の前日まで、全額助成、自己負担なし。
(ヒブワクチンについての詳細は予防接種のページへ

6.子宮頚がんワクチン(3回接種)
対象:小学6年生〜高校1年生相当の女子、3回接種、全額助成、自己負担なし。
*現在、厚生労働省からの通知により、積極的な接種の勧奨は差し控えています。

7.小児肺炎球菌ワクチン(4回接種)
対象:生後2カ月〜5歳の誕生日の前日まで、全額助成、自己負担なし。
(小児肺炎球菌ワクチンについての詳細は予防接種のページへ

8.水痘(みずぼうそう)ワクチン(2回接種)
対象:1歳の誕生日〜3歳の誕生日の前日まで、2回接種。自己負担額なし

9.B型肝炎予防接種(3回接種:生後2か月で開始)
対象:1歳未満(0歳児:平成28年4月1日以降に生まれた方)、自己負担額なし

10.BCG予防接種(1回接種)
対象:生後0か月から1歳の誕生日の前日までの方、自己負担額なし

11.風疹(5期)予防接種(抗体検査の結果、抗体価が不十分と判断された方)
対象:昭和37年4月2日〜昭和54年4月1日生まれの男性、自己負担額なし

*詳細、予約は受付までお問い合わせ下さい*

【名古屋市任意予防接種】

1.流行性耳下腺炎(あたふくかぜ)(1回接種)
対象:1歳の誕生日〜6歳の誕生日の年度末まで、自己負担額3000円

2.ロタウイルスワクチン(2回接種)
対象:生後6週0日〜20週0日(1回目は20週までですが、14週と6日までが推奨)、半額助成、自己負担6400円。

3.肺炎球菌(高齢者)ワクチン(1回接種)
対象:65歳以上の方、自己負担額4000円

再接種は助成の対象外となります。


4.風疹(一般)予防接種(抗体検査の結果、抗体価が不十分と判断された方)
対象:妊娠を希望する女性およびそのパートナー、自己負担額なし

*事前にお電話でご予約が必要です。

*詳細、予約は受付までお問い合わせ下さい。

*接種スケジュール(日本小児科学会推奨)についての詳細は予防接種のページへ

[予防接種を受ける方へ]
 予防接種を実施するに当たって、受けられる方の健康状態をよく把握する必要があります。そのため、予診票に出来るだけ詳しくご記入ください。お子さんの場合には、健康状態をよく把握している保護者がご記入下さい。 受けられる予防接種について市町村から配られている説明書をよくお読み下さい。

[予防接種を受けることができない人]
1.明らかに発熱のある人(37.5℃を超える人)
2.重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
3.過去にワクチンの接種を受けて、アナフィラキシーを起こしたことがある人
 なお、他の医薬品投与を受けてアナフィラキシーを起こした人は、接種を受ける前に医師に
 その旨を伝えて判断を仰いで下さい。
4.その他、医師が予防接種を受けることが不適当と判断した人

[予防接種を受けるに際し、医師とよく相談しなければならない人]

1. 心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などの人
2. 発育が遅く、医師、保健師の指導を受けている人
3. カゼなどのひきはじめと思われる人
4. 予防接種を受けたときに、2日以内に発熱、発しん、蕁麻疹などのアレルギーを疑う異常がみられた人
5. 薬の投与又は食事(鶏卵、鶏肉など)で皮膚に発しんが出たり、体に異常をきたしたことのある人
6. 今までにけいれんを起こしたことがある人
7. 過去に本人や近親者で検査によって免疫状態の異常を指摘されたことのある人
8. 妊娠の可能性のある人
9. 気管支喘息のある人

[予防接種 接種後の注意]
1.
 
ワクチンを受けたあと30分間は、急な副反応が起きることがあります。
医療機関にいるなどして、様子を観察し、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
2.  接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすることはやめましょう。
3.  接種当日は、接種部位を清潔に保ち、いつも通りの生活をしましょう。激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。
4.  万一、高熱やけいれん等の異常な症状が出た場合は、速やかに医師の診察を受けて下さい。

AGA(男性型脱毛症)の治療について

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略です。思秋期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方が薄くなり、進行していくのが特徴です。全体として薄毛が目立つようになります。一般的にはDHT(ジヒドロテストステロン、男性ホルモン)や遺伝が関係します。進行を抑えるための早めのケア(内服薬)が必要です。
費用は初診時(1回目)10.400円(税込)、再診(2回目以降1ヶ月)8,800円(税込)です。
抜け毛、薄毛が気になっている方はご相談下さい。