詳しくはこちらをご覧ください。
超音波診断装置(エコー)の導入による正確・迅速な治療
超音波診断装置(エコー)の導入による正確・迅速な治療
近年の超音波診断装置(エコー)は、性能が飛躍的によくなり、レントゲンだけではわからなかったより緻密な診断が行えるようになってきています。体に無害で診察室で聴診器のように気軽に使えるため当クリニックでも2017年からエコーを利用しています。画面をお見せしながら症状の原因を探し、結果を説明致します。また再診時には関節や筋肉の治り具合を評価し、外固定の期間や運動の程度を決める参考にしています。また比較的新しい治療法であるハイドロリリースも行っています。

ハイドロリリースとは、超音波ガイド下で穿刺を行い、線維性結合組織(筋膜、靭帯、支帯、腱膜、関節包など)に生理食塩水、低濃度の麻酔剤、ヒアルロン酸などの液体を注入して癒着を剥離し、局所の可動性が悪くなった末梢神経に滑走性をつくることで痛みや痺れを軽減する治療法です。エコー検査に引き続き即時治療ができ、とても細い針を使うので注射の痛みは強くなく、生理食塩水を使用した場合、薬の副作用の可能性がないことが利点です。また症状の原因として疑わしい部位への限局した麻酔剤の注射で症状が改善すれば、症状の原因が特定できます。肩こりや腰痛、膝痛、肩痛等で特に圧痛(押して痛みを感じるところ)がはっきりしている場合には著効を示すことがあります。

ハイドロリリースにより一時的に痛みが消失しても、生活習慣や身体の使い方が変わらなければ症状を繰り返すこともあります。こういう場合には予約制で理学療法士等によるマンツーマンリハビリを行っております。エコーで確認した情報をリハビリ室と共有し、運動療法で筋肉をつけ、正しい姿勢を保持する事で症状の再燃を防ぎます。