医院の設備はこちらから
当院のこれまでの歩みについて
特定健診や、ワクチン接種、各種検査について紹介しています。
詳細についてはこちらから
医院の設備ご案内
レントゲン

■ホームページをリニューアルしました■
新しいページへリンクします。

ホームページがリンクしない方は下記よりご覧ください。
加藤医院  新サイトへ
金具のないシャツで、機械の前に立ち、撮影します。
エックス線を照射して、通り過ぎた部分がフィルムに焼きつき、黒く写ります。
骨は透過しにくいので、白く写ります。
空港の荷物検査などにも応用されています。
診察では主に、心肺系の診断に用います。
検査によって、心臓の大きさや形、大動脈などの状態について調べます。
前回のフィルムがある場合には、比較して判断しています。
異常の疑いがある場合、CT検査、喀痰検査、気管支鏡検査などの精密検査が必要になる事があります。
エコー

横になってジェルを塗り、体外から機械を当てて検査します。
非常に安全で副作用ほとんどないといわれています。
当院では腹部エコーを行うことができます。
腹部エコーは胆のう・肝臓・すい臓・脾臓・腎臓の形や、腫瘍・結石・ポリープなどの有無を観察します。
観察した内容と、血液検査の内容などを参考に判断します。
異常の疑いがある場合、CTや、MRIなどの精密検査が必要になる事があります。

心電計

横になって、体の表面に電極をつけ、感じられないほどの微弱な電流を流すことで、心臓の発するごく弱い電気信号を検出し波形を記録します。
その乱れから病気の兆候などを診断します。
主に心臓の調子を観察するのに用い、狭心症をはじめ、心筋の異常、不整脈、心肥大などを調べます。
診察時に異常のない場合でも、場合によってはホルター型の心電計を用いて、24時間の調子を観察することもあります。