内視鏡,カメラ 富野西垣内,城陽市,京都府 内科,消化器科,胃腸科,小児科,外科 医療法人社団 鹿野医院
医療法人社団 鹿野医院トップページへ
医療法人社団 鹿野医院からのお知らせ
医療法人社団 鹿野医院の医師のご紹介
医療法人社団 鹿野医院のご案内
医療法人社団 鹿野医院までの交通案内
医療法人社団 鹿野医院初診の方へ
医療法人社団 鹿野医院によくある質問
医療法人社団 鹿野医院/よくある質問
薬を処方されている高血圧の人は、一生飲み続けなくてはならないと聞きましたが本当ですか?
高血圧は放置しておくと、死にも至る病気です。ですが、最近の医療の進化に伴って、身体に負担の少ない良薬が開発されてきています。また、赤ワインやオリーブ油、ビタミンEなど抗酸化作用の食物が動脈硬化を予防します。食事に注意して(減塩、減量)血圧の薬を併用すると2〜3年で血圧の薬が不要になる人もいます。  
糖尿病の運動療法には、どんな運動をするのが良いですか?
毎日手軽に続けられる運動がベストです。例えばウォーキングなどが効果的でしょう。運動の強さは、楽である、ややきついといった体感を目安にして、運動時の脈拍数を100から120拍/分以内にとどめます。歩行運動では1回15分〜30分以上で、1日2回できるだけ毎日行います。(心臓病や腰痛症などの合併症のある人は主治医に相談しましょう) 
赤ん坊への薬の飲ませ方を教えて下さい。
1歳未満でミルク(母乳)中心のこどもさんは、「食後」「食前」と書いてあるお薬については、1日3回のお薬は、5〜6時間以上あけて授乳直前にのませて下さい。1日2回のお薬は、8〜10時間以上あけて授乳直前にのませて下さい。水ぐすりはそのまま、粉ぐすりは少量の湯ざましでだんご状にして、上あごにこすりつけ、その後、湯ざましやミルク(母乳)を与えます。ミルクにまぜると、全部飲まなかったりミルク嫌いになったりすることがあります。ミルクにまぜるのは、やめましょう。牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品にまぜると、苦みが軽くなります。ジュース、スポーツドリンクにまぜると苦味が強くなることがあります。 
解熱剤はどのような時に使用したらいいのでしょうか?頻繁に使っても大丈夫ですか?
熱そのものが体に悪影響を来す事はないので、単に熱が高いだけで、解熱剤を使用する必要はありません。たとえ子どもの熱が40゚cまで上がったとしても、元気で、水分がとれているなら問題ありません。 ただ、体温が上がることによって、本人の不快感が高まり、ぐずって眠れないとか、頭痛や関節痛がつらい、という時には「アセトアミノフェン」「イブブロフェン」を使用します。 解熱剤を使っても、熱の上がり始めは効果が悪いことも多く、高い熱が下がらないこともあります。この場合には続けて使用せず、8時間程度の時間を空けて、もう一度使用してください。 
糖尿病の食事療法
糖尿病の食事療法とは特別なものではなく、だれもが健康で長生きするための健康的な食生活だと考えてください。
・栄養のバランスとは?
 1日にとるエネルギー量のうち、ご飯やパンなどに含まれる糖質を55〜60%、肉や魚などに含まれる蛋白質を15〜20%、脂質を25%にするのがベストです。また、野菜や果物、乳製品なども毎日取る必要があります。
・どか食いはどうしたらやめられますか?
 まずは食事を抜かずに3食きちんと取ることが大切です。食事と食事の間隔が長いと、空腹感が強くなり、つい食べ過ぎてしまいます。食べるときは野菜、きのこ、海草などを多く使った料理から先に食べることがポイントです。ご飯は一度にたくさん食べずに少しずつ、おかずと交互に取ります。
・夕食の時間が遅くなりがちなのですが。
 原則として20時までに夕食をとるようにします。残業などで帰宅が遅くなるときは、夕方に軽く食べておくと、帰宅後の食事で食べすぎを防げます。
・甘いお菓子がやめられません。
 糖分がたくさん含まれた菓子やジュースを取ると、急激に血統が上昇し、過血糖を招くので、糖尿病の患者さんにはお勧めできません。一度きっぱりと「甘いもの断ち」をする必要があります。まずは3週間食べずに我慢してみましょう。空腹時に買い物に行かない、家に菓子を置かない、夕食後菓子を食べたくなったら早く寝てしまう、少々食べてしまったお菓子の残りはゴミ箱へ捨てるーなどを実行してみましょう。
・お酒を飲んでもいいですか。
 お酒を飲むと食欲が増進し、気持ちも大きくなって、つい過食しがちです。また薬物療法をしている人は低血糖を招く恐れがあります。糖尿病の人は、残念ながら禁酒が原則です。たとえ医師から飲酒が許可された場合でも、ビールなら中瓶1本(500ml)、日本酒は銚子1本、ウイスキーはシングル2杯までを限度とします。飲む理由がのどの渇きをいやすためならウーロン茶などで代替する、ストレス解消のためなら酒以外の解消法を見つけるなど、禁酒の努力も大切です。付き合いで飲む場合は、飲ませ上手に徹しましょう。周囲の人に「ドクターストップが出ている」と公言するのも良い方法です。 
逆流性食道炎
食道は酸に弱いので頻繁に胃液が逆流すると炎症が起こり、食道粘膜に障害が起きた状態を「逆流性食道炎」と呼んでいます。
・治るのでしょうか?
 食道と胃のつなぎ目には、胃液を逆流させないようにするための機能があります。この機能が落ちると、胃液が逆流して食道を荒らし、胸やけが起こります。この機能は、年を取ると徐々に低下していきます。年をとっても胃が元気で胃液がたくさん分泌されているのに、逆流防止の機能が低下してしまった場合に胸やけが起こるわけです。
 この機能を完全に回復させるには手術が必要です。胸やけの患者さんが飲む薬は、胃液の分泌を抑えたり、腸の働きを高めて胃の内容の排泄を促進する効果があり、逆流を軽減します。これらの薬を飲みながら、食生活や日常生活の過ごし方に気をつければ、症状を非常に軽くすることができます。この病気と気長に付き合っていく姿勢が大切でしょう。
・日常生活での注意点は?
 食事に関しては、まず食べ過ぎないように注意し、脂肪を多く含んだ食物や甘いものは食べる量を減らすようにします。柑橘類やコーヒー、紅茶は、遺産の分泌を高めることが知られていますので、避けましょう。強い香辛料やチョコレート、アルコール、タバコは食道と胃のつなぎ目にある逆流防止の機能を低下させます。できるだけ控えましょう。
 その他では、胃液の逆流を起こさせないために前屈みの姿勢は避け、良い姿勢を心がけます。また、おなかを締め付けると胃液が逆流しやすくなりますので、ベルトや帯、ガードルなどでおなかを強く島過ぎないように注意しましょう。また、おなかに力を入れる行為、例えば排便時に強く力んだり、怒責したり、重いものを持ち上げることも胃液の逆流を促すことになります。
 肥満は逆流防止機能を低下させますので、体重のコントロールは大切なことです。
胃もたれ
「胃がもたれる」とひと言で言っても、原因はさまざまです。潰瘍などの病気がないにもかかわらず、胃のもたれ感や膨満感といった症状が続く人も多くいます。最近、こうした上腹部不定愁訴を訴える状態をNUD(non-ulcer dyspepsia)と呼ぶようになりました。
・胃もたれはなぜ起こるのですか?
 食事をすると、食品中の有害な細菌の侵入を防ぐために胃から胃酸が分泌され、それを中和するために、十二指腸には重曹(ふくらし粉の成分)を含む膵臓の消化液が多量に流入します。その際に発生する炭酸ガスが、胃もたれの一因になります。食べ過ぎると胃がもたれるのはこのためです。
 ただし、中には胃や十二指腸、胆嚢などの病気が原因で胃もたれが生じている場合もあり、注意が必要です。こうした病気か否かは、症状が現れる時間帯などから推定できます。検査をして異常が見つからなければ、上腹部不定愁訴(NUD)と診断されます。
・NUDの治療法を教えてください。
 NUDと診断されたら、胃腸の運動をつかさどる神経の働きを正常にするために、規則正しい生活を心がけましょう。
 また、消化に時間がかかる脂っこい食べ物や、胃に刺激となる強いアルコールや香辛料は控えるようにしましょう。よくかんで食べることは非常に大切で、それにより消化にかんれんするすべての内臓がうまく活動するようになります。それでも症状が改善しない場合は、胃の働き胃を正常にする薬もあるので、医師に相談してください。 
過敏性腸症候群
過敏性腸症候群は、大腸に症状がでる病気の中で最も頻度の高いものです。症状によって下痢型、便秘型、両方が交互に起きる混合型に分類されます。精神的なストレスにより、腸がうまく働かなくなるのが原因と考えられています。
・どのような病気ですか?
 誰でも緊張すると一時的に下痢になったり、旅行に行くと便秘になることがありますが、そのような不快な便通の異常症状が非常に強い場合や3ヶ月以上続く場合を過敏性腸症候群と呼びます。精神的なストレスや極度の緊張状態により、自律神経のバランスが崩れることが原因と考えられています。肩こりや睡眠障害、めまいなど、ほかの自律神経症状が重なることもあります。
・なかなか治らないので不安です。
 悪性の病気ではないので、症状が強くても命にかかわることはありません。薬などで症状をコントロールしながら、この病気と「うまく付き合う」という気持ちが大切です。
 日常生活では、規則正しい生活を送ることが症状の改善や治療に効果的です。トイレに行く時間や睡眠時間、食事時間をなるべく規則正しくし、ゆとりを持って生活するようにします。特に食事には長めの時間を取り、ゆっくり食べるようにしましょう。
・症状が強いときはどうしたらよいですか。
 症状が強くなるということは、体に無理が来ているというサインでもあります。休養を取って気分転換をしたり、仕事の量を減らしたりすることが第一です。特に症状が強い場合には頓服薬を飲むのもよいでしょう。必ず医師に相談してください。
 この病気を悩むあまり、病気そのものが新たなストレスになって病気を悪化させてしまうケースもあるようです。あまり症状をくよくよ考えず、日常生活をたのしく送ることを心がけましょう。
C型慢性肝炎
C型慢性肝炎とは、C型肝炎ウィルスの感染により、6ヶ月以上にわたって肝臓の炎症が続く病気です。初期にはほとんど症状はありませんが、放置すると肝硬変や肝がんに進行しやすいことが知られています。
・C型慢性肝炎の自然経過は?
 軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。長期間の炎症で肝臓が硬くなってしまう状態が肝硬変です。肝硬変になると肝がんが発生しやすいだけでなく、食道静脈瘤の破裂や肝性脳症など、生命に関わる重大な合併症が起こりやすくなります。
・治療法について教えてください。
 C型肝炎ウィルスを体の中から排除して感染からの治癒を目指す原因療法と、肝機能を改善して肝炎の悪化を防ぐ対症療法(肝庇護療法)があります。
原因療法:主役はウィルスの増殖を抑える働きをもつインターフェロンです。いくつかの種類がありますが、いずれも注射剤です。最近では週一回の注射で優れた効果を示すペグインターフェロンという新しい製剤も登場しています。
対症療法:肝炎の沈静化を目的とし、肝機能(AST(GOT)とALT(GPT)を改善します。グリチルリチン配合剤(注射薬)またはウルソデオキシコール酸(内服薬)が主に使用されます。
・インターフェロン療法について詳しく教えてください。
 インターフェロン療法でウィルスの完全消失が得られなくても治療中肝機能が改善された場合は、肝硬変や肝がんへの進行が抑えられることがわかっています。最近話題の新しい治療法として、インターフェロンとリバビリンの併用で治療効果がアップすることが注目されています。ウイルス遺伝子型がジェノタイプ1型(セログループ1)でウイルス量の多い人にはインターフェロン単独療法では数%しか有効ではありませんが、リバビリン併用療法では20〜30%の効果が認められています。
病院検索、医院検索マイクリニックへ

Copyright (C) 2010 Iryouhoujinsyadan Kano Iin All Rights Reserved.
病院検索・医院検索TOPへ