マイヤーズカクテル点滴療法 グルタチオン点滴療法 広島 
病院検索、医院検索マイクリニックへ
胃腸科 ,大腸 ,広島  鉄砲町,中区,広島市,広島県 内科,胃腸科 かいせいクリニック かいせいクリニックトップページへ
 
  各種点滴療法・キレーション(デットクス)療法について  

グルタチオン点滴療法について

米国ではパーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延を目的とするグルタチオン療法は多くの施設で行われていますが、日本ではほとんど知られていません。本治療は15〜30分の静注または点滴です。点滴終了後からで歩行、振戦、バランスなどが明らかに改善する事例もあり、通常は数回の治療で効果を体感します。 この治療の最初の報告は1996年で、パーキンソン病患者9人にグルタチオン600mgを1日2回、30日間投与したところ、全例で効果が認められ、運動機能の42%が改善しました。また、その効果は3ヶ月持続したと報告されています。南フロリダ大学におけるグルタチオン療法のパーキンソン病に対する効果は80-90%で、グルタチオンがフリーラジカル・スカベンジャーとして働き、ドーパミン受容体の感受性を高めるからであろうと考えています。また、同時にセロトニン受容体の感受性を高めることでパーキンソンのうつ症状の改善も見られます。 グルタチオン点滴療法は、パーキンソン病、抗がん剤による神経障害、閉塞性動脈硬化症、デトックス(体内解毒)に対して治療が行われています。その他、米国では線維筋痛症、過敏性腸炎、慢性疲労症候群、各種神経系疾患、そしてアンチエイジング分野でもグルタチオンの点滴処方をするクリニックがあります。グルタチオンそのものは組織に広く分布するSH基をもった化合物であり、グルタチオン(還元型グルタチオン)は、グルタチオンペルオキシダーゼを介して過酸化水素や脂質ヒドロペルオキシドを還元し、解毒を促進する作用や抗アレルギー作用をもたらします。 グルタチオンとは、人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物です。強力な抗酸化作用があるので、人間の身体をさびつきから守ってくれる代表的な物質です。免疫システムにおいても重要な役割を担っており、アレルギーや喘息などを抑える効果もありますが、20代をピークに、加齢とともに体内では減少していきます。 肝臓の解毒を助ける働きもあるので、ウイルスやアルコールによる肝障害にも効果があるほか、アメリカでは、多くの疾患に対して、このグルタチオン点滴療法が行われています。とくに、パーキンソン病に対するグルタチオン大量点滴療法は、通常のパーキンソン病に対する治療薬が効かない例に対しての臨床試験も行われており、症例によっては非常に効果が認められています。なお、パーキンソン病に対しては、ビタミンB12との組み合わせて投与するのがよいとされています。 また、グルタチオンは、抗ガン剤の副作用で見られる末しょう神経障害に対しても有効です。さらに多発性硬化症や線維性筋痛症といった、特効薬のない難病の治療に対しても用いられており、多発性硬化症では神経症状の緩和、線維性筋痛症では疼痛緩和などの効果が見られています。 グルタチオンは胃腸ではほとんど体内に吸収されません。そのため、経口では大きな効果が期待できないため、点滴で投与するのが一般的です。


グルタチオン点滴療法の実際

適応として早期〜進行したパーキンソン病

初回は800mgから開始(1回の点滴時間は20分から30分です)し400mgずつ増量して1600mgで維持します。病状によってはさらに増量することがあります。当初は週2〜3回の投与をし、効果が安定してくると週1〜2回になります。間隔は5〜10日と患者により個人差があります。また、ビタミンB12の混注を行うこともあります。

グルタチオン療法を行うことで、L-Dopaの効き方が良くなり、症状の日内変動やオンオフ現象、ジスキネジアなどの改善が得られる場合がありますが、基本的には現在の内服との併用療法とお考えください。

注意事項として、高濃度ビタミンC点滴療法と同じ日には行えません。

副作用として、稀に頭痛と吐気・嘔吐を訴えることがあります。一過性であり、投与を中止することで速やかに改善します。

この治療は健康保険が適応されません。治療・検査・処方の全てが保険外(自費)診療となります。
・初回のみ相談料(初診料)として3500円
・グルタチオン使用量に関わらず、一律10000円にて点滴します。
・ビタミンB12の混注の場合は12000円です。


マイヤーズカクテル点滴療法について

米国の代替統合医療のクリニックでは定番の点滴療法で、家庭医のジョン・マイエル医師が考案し、アラン・ガビー医師により米国中に広まりました。インフルエンザ、感冒症候群、慢性疲労症候群、偏頭痛、喘息、うつ病、アスリートの運動能力向上など多くの疾患に有効な点滴療法です。各種ビタミンやミネラル、グルタチオン、アルファリポ酸等を配合し、10〜30分で点滴をするものです。

食物やサプリメントでビタミンやミネラルを経口摂取したり、塗り薬やクリームなどを皮膚に塗るのとは異なり、患者様に必要なビタミンやミネラルを直接血管内に投与し、急速に血中濃度を上昇させることで、ビタミン、ミネラルの薬理効果を期待する治療法です。

気管支喘息・片頭痛発作・全身倦怠・疲労 ・慢性疲労症候群・線維筋痛症・こむら返り・急性上気道炎・慢性副鼻腔炎 ・アレルギー性鼻炎・心不全・狭心症・慢性蕁麻疹・甲状腺機能亢進症・生理不順・麻薬の禁断症状・スポーツパフォーマンスの向上等に適応があります。

マイヤーズ・カクテルの副作用と注意事項
・急速に投与すると熱感を感じる。これはマグネシウムあるいはカルシウムによる。この熱間は胸部に始まり、女性は膣、男性は直腸付近に広がる。それほど不快な感覚ではない。 
・マグネシウムの急速静注は低血圧、失神を誘発することがあるが、静注を止めることで20〜30秒以内に改善する。 
・低マグネシウム状態の患者にマグネシウムを静注すると、マグネシウムを細胞内に取り込む時に、同時にカリウムも細胞内に入るため、低カリウム血症を起こすことがある。 
・カルシウムは心疾患の患者には投与しない(問題ないとはされている)アナフィラキシーショック(特定の起因物質により生じた全身性のアレルギー反応)は添加物によるためと考えられる。

・初回のみ相談料(初診料)として3500円
・マイヤーズカクテル点滴療法は、一律10000円にて点滴します。
・マイヤーズカクテル点滴療法+アルファリポ酸等を加えたスペシャルバージョンは、一律15000円にて点滴します。
→高濃度ビタミンC点滴と組み合わせることも可能です(25000円+初回のみG6PD検査施行) 


キレーション療法(デトックス)について

Chelation(キレーション)というのはギリシャ語で、カニやロブスターのはさみのことです。キレーション治療とは、このはさみで血液内の有害物や老廃物をつまんで取り去る治療という意味で名付けたと思われます。具体的にはEDTAという薬剤を点滴注射して動脈硬化を起こした血管を元通りの若く柔らかい血管に戻す治療のことです。
この治療は日本ではまだほとんど知られていませんが、米国では50年以上前から専門医によって行われています。キレーション治療は、脳血管障害、冠状動脈疾患、末梢動脈疾患にその適応がありますが、未だ完全に確立された治療法ではありません。
しかし、米国では心筋梗塞を予防する治療法として現在2000余りの施設で年間80万件も施行され、その効果は高く評価されています。
またこのキレーション治療の効果は、動脈硬化の治療のみにとどまらず、次のようなさまざまな疾患の改善や予防に効果が期待できるので、まさにアンチエイジング療法の切り札になる可能性があります。
神経機能異常(アルツハイマー病など)、免疫異常(慢性関節リウマチなど)、代謝異常(糖尿病など)、老化症状(更年期障害など)などです。

キレーション療法による改善が期待される病変や症状 
・動脈硬化症・心冠動脈疾患・末梢血管疾患・関節炎・多発性硬化症パーキンソン病・アルツハイマー氏病・視覚・聴覚・嗅覚障害・側副血行の増加・血液粘度(ねばねば度)の低下・細胞膜の機能の改善・細胞内器官の機能の改善・動脈の攣縮(れんしゅく)の軽減・フリーラジカル産生を減少・老化の進行を抑制・狭心症の減少・壊疽の改善・皮膚の色の改善・糖尿病性潰瘍の改善・筋肉運動の改善・精力回復など

米国では、動脈硬化・心疾患・脳梗塞を予防・治療する方法として、信頼でき臨床効果のある代替医療として位置づけられており、50年も前から盛んに行われている療法です。 約2000あまりの施設で年間80万件もキレーション療法が行われており、有効な臨床効果が多数報告されています。 心筋梗塞が死因としてトップである米国ではことにキレーションに対する関心が高いようですが、米国の医学会でもキレーション療法に関しては賛否両論です。 
その理由として、キレーション療法の有効性を証明する二重盲検法(医薬品の有効性を立証するために行われる手法)によるエビデンスが得られていないなどが挙げられます。 
ただし、24000例のキレーション治療により心疾患の患者88%に臨床的効果を認めたというエビデンス(Cappell LT.J Adv Med 1993)があり、米国の国家機関のひとつNIH(National Institute of Health)は心臓の冠動脈疾患に対するキレーション療法の効果を調べる大規模なスタディを2003年4月から開始しています。今後、キレーション療法は、動脈硬化の発症伸展予防や抗老化・抗加齢医療の主力療法として強く期待されていくであろうと思われます。

◆ 血液をさらさらにする方法
・禁煙…タバコは血管中に炎症を引き起こし、その免疫応対により血液の粘り気が増します。 
・水分の摂取…脱水による血液濃度の上昇を避けましょう。 
・運動…適度な運動により血液中のコレステロールを減らしましょう 
・ストレス…ストレスホルモンにより、心拍数や筋の緊張が増大し、交感神経の刺激が血圧を上昇させます。 
・低容量のアスピリンの服用…アスピリンが、血液をさらさらにし、血栓発生を予防することにつながることがわかっています。 

有害金属が及ぼす症状
●慢性疲労、体力減退、老化、肌荒れ、各種皮膚疾患、アトピー、アレルギー
●動脈硬化、高血圧、高脂血症、その他動脈硬化に起因する各種心臓血管疾患
●頭痛、気分沈滞、集中力低下、更年期障害、月経前症候群
●むくみ、便秘、風邪の初期症状、その他原因不明の体調不良等


キレーション療法(デトックス)の実際

週1〜2 回、計 20〜30 回、その後月に 1〜2 回の頻度で行います。EDTAと呼ばれるキレート剤(Na-EDTAというキレート剤)を点滴します。一回の点滴時間は1〜2時間です。

多くの論文により、キレーション療法の動脈硬化性疾患に対する効果が報告されていますが、もっとも重要なことは、日常生活を見直すことです。キレーション療法を継続しても、日常生活(食生活、エクササイズ、喫煙、飲酒など)が改善されなければ、十分な効果は得られません。

Na-EDTAを点滴することによって必須ミネラルが体外に排出されますが、とくに問題となるのは、低カルシウム血症を生じる可能性があるということです。これについても、治療期間中はカルシウムをサプリメントとして摂取することと、キレーション療法5回ごとに1回ミネラル点滴を行うことで補います。

キレーション治療には血糖値を下げる作用があるため、空腹時に点滴をすると低血糖を起こすことがあります。キレーション治療前には食事を摂っておくことが望ましいです。

□主に次のような医療に、キレーション療法が使用されています。
抗加齢医療(アンチエイジング)
重金属(水銀や鉛など)は飲料水や化学肥料,たばこの煙,排気ガスなどから身体に取りこまれ,完全に排泄されずに体内に少しずつ蓄積する。 老廃物の蓄積が老化の原因であると考えられるため,これを洗い流すことで老化を予防する。キレート剤により、有害金属を除去することで、カルシウムやコレステロールの代謝機能を改善することが可能になるだけでなく、活性酸素の発生防止にも役立つ。血管内のごみを洗い流すことで,各臓器への血流が増し,臓器機能の改善が期待できる。
肌への血流が向上するため、角質代謝がよくなり、吹き出物やくすみ、くま等を改善する。
心臓疾患治療
外科的手術をせずに安全に、しかも比較的安い価格でその機能を回復させるための治療法。米国では心臓バイパス手術の約十分の一程度のコスト。 キレーション療法は、動脈硬化の進行症状に対してさからう働きをし、閉塞を改善する。血流改善効果が臨床で実証されている。 従来のバイパス手術等は、動脈系のごく一部を機械的な修理をするのに対し、キレーション療法は、動脈系全体の血流を改善し、増進する。 治療実績: 米国では、過去30年間に40万人の患者、延べ400万回の治療実績がある。
水銀中毒性の自閉症治療
キレート剤により、水銀を尿中に排泄させる。

・初回のみ相談料(初診料)として3500円
・キレーション点滴療法は、一律10000円にて点滴します。
・初回のみ点滴前に、一般血液検査+血管年齢測定+頚動脈超音波検査(20000円)を行います。
・初回に希望者には毛髪ミネラル検査を受けていただく事も可能です 10500円
・5回のキレーション療法ごとに血液検査(8000円)を行います。
・注;キレーション治療後には必要なミネラルも排出されるため、サプリメントの摂取が必須です。別途、サプリメントの購入(6000円〜)をして頂きます。


Copyright (C) 2010 Kaisei Clinic All Rights Reserved. お問合せは、info@kaiseiclinic.comまで
病院検索・医院検索TOP