ガン点滴療法 代替医療 広島
病院検索、医院検索マイクリニックへ
胃腸科 ,大腸 ,広島  鉄砲町,中区,広島市,広島県 内科,胃腸科 かいせいクリニック かいせいクリニックトップページへ
 
  高濃度ビタミンC点滴療法について  

高濃度ビタミンC点滴療法について

「高濃度ビタミンC点滴療法」は主にアメリカで研究が進められているガン治療法です。この治療はアメリカ国立衛生研究所が高濃度ビタミンC点滴療法の標準治療法と認可しているThe Center For The Improvement of Human Functioning, Kansas USA(国際人間機能改善センター)のプロトコル(The Riordan IVC Protocol)を元に実施いたします。 本治療では高濃度ビタミンC15gの点滴から開始し、徐々に増量して最終的に1回50〜100グラム前後を点滴します。週に2回、3ヶ月間を1クール(単位)とするのが基本です。 ガンの治療はすでに治療効果が証明されている手術・抗ガン剤・放射線治療などが標準的な治療です。「高濃度ビタミンC点滴療法」は代替医療のひとつで、手術・抗ガン剤・放射線治療よりも優先するものではありません。また、研究段階の治療ですのでガン専門医の全てがこの治療方法を支持しているわけではなく、否定的な意見もあります。 副作用について アメリカのカンザス州ウイチタ市にある国際人間機能改善センター(The Center for the Improvement of Human Functioning International)は高濃度ビタミンC点滴療法で有名です。これまでの15年間に3万件以上の高濃度ビタミンC点滴療法を実施してきました。このクリニックでは副作用によって死亡に至った例はありません。実際には殆ど副作用のない安全な治療だと言えます。1例ですが点滴初日に腫瘍から出血を起こした事例の報告がありますが、大事には至っていません。このような腫瘍出血はこれまでの抗ガン剤の投与でも見られる副作用です。これを防ぐために初回はビタミンC15gから開始し、徐々に投与量を増加させます。高濃度ビタミンC点滴療法終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が高値になります。これは見かけ上高いだけで、実際の血糖値はもっと低い値になります。したがって自己血糖測定をしてインシュリンの注射量を決めている糖尿病患者ではインシュリンの量に注意しなければなりません。ビタミンCを過剰に摂取すると尿管結石になりやすいことが知られています。しかし、高濃度ビタミンC点滴療法ではこのような尿管結石は起こしにくいと言われています。G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。もしこのような病気がある場合は必ず主治医に告げてください。透析中の腎不全の方はこの治療を受けることはできません。心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来す恐れがあるためにこの治療ができない場合があります。


高濃度ビタミンC点滴療法の対象者

この治療法の対象者
(1) 標準的ガン治療が無効の場合
(2) 標準的ガン治療の効果をより確実にする
(3) 標準的ガン治療の副作用を少なくする
(4) 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる
(5) 代替治療を希望する場合
(6) 内面からのアンチエイジング(老化予防)を望む場合などです。
有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。この治療が有効なガンの種類についてはまだ研究段階です。

この治療の効果はガン組織の種類、進行度、患者様の年齢・体力・免疫力によってことなります。この治療でガンの縮小・消失・延命を確約することはできません。

高濃度ビタミンC点滴療法は副作用を考える必要がないため、どのようなガンに対しても試みる価値があると考えられています。アメリカにおいては、すでに乳癌、肺癌、前立腺癌、直腸癌、悪性リンパ腫、大腸癌、膵臓癌、膀胱癌、腎癌、子宮癌、卵巣癌などへの治療効果が報告されています。

この治療は健康保険が適応されません。治療・検査・処方の全てが自費診療となります。

副作用がほとんど無い治療で試してみる価値がある治療法ですが、点滴のため週に1〜2回通院する必要があり1ヶ月分の費用が10〜20万円程度かかることを理解した上でご検討下さい。

補足
ビタミンCには、シミ・シワ・たるみ・くすみ改善や抗酸化作用、免疫力アップ効果があることはよく知られていますが、そのビタミンCの血中濃度を経口摂取ではできないレベルに高めるのが高濃度ビタミンC点滴療法です。美容効果だけでなく、風邪予防やアレルギー対策、ガンが気になり始めた中高年の方にもお薦めしたい点滴メニューです。アメリカでは高濃度ビタミンC点滴の抗がん作用が有名ですが、その強力な抗酸化作用によりアンチエイジングの分野でも注目されています。濃度により抗アレルギー作用や抗ウィルス作用も発揮されるためいろいろな症状の方に使用可能です。実際に点滴を受けられた方の感想としては、疲れが取れた、肌に張りが出た、湿疹などの皮膚症状が改善した、肌のくすみが改善した、風邪が早く治ったなどがあります。

≪がんに対するビタミンCの働き≫ 
1.活性酸素を捕捉する抗酸化作用で細胞のがん化を防ぐ。 
2.白血球やマクロファージの機能を高めて免疫機能増強する。 
3.抗がん活性を有するインターフェロンの産生を促す。 
4.薬物代謝に関わって発がん物質を解毒し、体外に排泄する。 
5.胃がんの原因になるニトロソアミンの胃中での生成を防ぐ。etc.


高濃度ビタミンC点滴療法のペース・所要時間

ガン治療の場合
最初はビタミンC15gから点滴を始め、30g、50gと増量します。血液中のビタミンC濃度を測定し、投与するビタミンCの理想的な投与量を決定します。典型的な例では週に2回の点滴で6ヶ月間継続、その後の経過が良ければ週1回を6ヶ月、さらに2週に1回を1年間、その後は月に1回行います。ビタミンCの量と点滴頻度は病状によって変えていきます。なお、この治療を続けることにより免疫システムの増強、ガン性疼痛の軽減、食欲の改善や体調の改善が期待できます。
30〜150分(点滴の量によって変わります)

美容・ガン予防・アンチエイジング目的の場合
1〜2週間に1回ビタミンCを15〜25g点滴します。
30〜150分(点滴の量によって変わります)


高濃度ビタミンC点滴療法の注意事項

アスコルビン酸(ビタミンC)には抗酸化物質として様々な効用があり、高濃度を用いることで癌に対しても延命効果があることは、ノーベル賞を2度受賞した著名な化学者であるライナス・ポーリング博士やエイブラム・ホッファー博士などによって数十年前から報告されていました。
しかし、メイヨークリニックの追試ではこのような延命効果は認められなかった為に高濃度ビタミンC療法の研究への関心はその後30年間封印されてしまいました。
この療法は科学的な根拠に乏しいとして、学会の権威者からは否定され続けてきましたが2005年についに、米国国立衛生所(NIH)の科学者らにより「高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)の静脈内投与は、ガン細胞に対して抗癌作用をもつ」という科学的根拠にもとづいた衝撃的な研究論文が発表されました。
この研究論文が発表された事により超高濃度ビタミンC点滴療法は再び注目を浴びるようになりました。

ガン治療の場合、ビタミンCの血中濃度を350mg/dl〜400mg/dlまで上げることにより、副作用の無い抗ガン剤としての効果を期待します。高濃度のビタミンCは、強力な抗酸化作用を発揮し、がん細胞に対して、抗がん剤のような毒性を示します。しかし正常細胞には活性化を図ります。ビタミンCの血中濃度を毎回測定しながら350mg/dl〜400mg/dlに安定するまで高濃度のビタミンCを点滴で注入する療法。

それぞれの目的に応じて違った投与量、投与方法になりますので、治療回数、治療費用も異なります。ガン治療の場合は、必要十分な抗がん作用を確認するために、数回のビタミンCの血中濃度を測定いたします。また、まれにビタミンCが体質に合わない方(G6PD欠損症)の方がいらっしゃいますので、全員、初回に血液検査を受けていただきます。

(ガン治療における必要検査項目)
・初回のみ点滴前に、腎機能検査+ビタミンC血中濃度検査 
・初回のみ点滴前に、G6PD検査(G6PD欠損症の場合、溶血の危険性がある)
・次回より毎回点滴後に、ビタミンC血中濃度検査(ビタミンCの血中濃度が350〜450mg/dlに安定するまでは毎回測定)

(美容・ガン予防・アンチエイジング目的における必要検査項目)
・初回のみ点滴前に、腎機能検査+ビタミンC血中濃度検査 
・初回のみ点滴前に、G6PD検査(G6PD欠損症の場合、溶血の危険性がある)
・次回より希望者に、ビタミンC血中濃度検査


副作用
国際人間機能改善センターでは15年間に3万件の治療が実施され、死亡例はなく、副作用は非常に少ないといわれています。
●点滴穿刺部位の痛み、嘔気(吐き気)→点滴速度を遅らせることで改善
●身体のふるえ
●治療後に腫瘍からの出血が1例(高濃度ビタミンC点滴療法だけに発症するものではなく、ガン治療一般でみられる)
●尿管結石(ごく稀)

禁忌(きんき)
以下の場合はこの治療ができません。
●末期の心不全、腎機能低下の方は水分やナトリウム過剰によって病状の悪化をきたすことがあります。
●G6PD欠損症の場合は溶血をおこすことがあります。治療開始まえにG6PD欠損症の検査をお受けになることをお勧めいたします。

注意
糖尿病でインスリンを注射されている方には以下注意が必要です。
●ビタミンC点滴後、10時間は簡易血糖測定器で血糖を測定すると、血糖値が見かけ上高値になります。実際に血糖値が高値ではありませんので、インスリンを増量して注射しないように厳重な注意が必要です。
●ビタミンCの血中濃度を上げるために「禁煙」することが必要です。
●ビタミンCのリバウンド現象を予防するためにこの治療をしない日に1日4グラムのビタミンCをサプリメントで摂取することが推奨されています。


高濃度ビタミンC点滴療法の費用

この治療は健康保険が適応されません。治療・検査・処方の全てが保険外(自費)診療となります。

≪治療の流れ≫ 
まず医師の診察を受けて頂きます。 
点滴可能と診断されると点滴療法が始まります。 
まずはビタミンCの量を15gから始めます。 
点滴の初期の頃は点滴毎に血液検査を行い、 ビタミンCの血中濃度を測定しながら、投与する量を調整します。 
血中濃度が十分な値で安定したら、一定にして続けます。

ガン治療の場合
・初回のみ相談料(初診料)として3500円
・初回のみ点滴前に、腎機能検査+ビタミンC血中濃度検査 10000円
・初回のみ点滴前に、G6PD検査(G6PD欠損症の場合、溶血の危険性がある)10000円
・次回より毎回点滴後に、ビタミンC血中濃度検査 5000円(ビタミンCの血中濃度が350〜450mg/dlに安定するまでは毎回測定)
・ビタミンC 15g (初回 30〜40分)15000円
・ビタミンC 25g (初回 60〜70分)20000円
・ビタミンC 50g (初回 100〜120分)25000円
・ビタミンC 75g (初回 150〜160分)30000円
・ビタミンC 100g (初回 160〜180分)35000円

美容・ガン予防・アンチエイジング目的の場合
・初回のみ相談料(初診料)として3500円
・初回のみ点滴前に、腎機能検査+ビタミンC血中濃度検査 10000円
・初回のみ点滴前に、G6PD検査(G6PD欠損症の場合、溶血の危険性がある)10000円
・次回より希望者に、ビタミンC血中濃度検査 5000円
・ビタミンC 15g (初回 30〜40分)15000円
・ビタミンC 25g (初回 60〜70分)20000円
→マイヤーズカクテルと組み合わせることも可能です。(マイヤーズカクテル参照)



Copyright (C) 2010 Kaisei Clinic All Rights Reserved. お問合せは、info@kaiseiclinic.comまで
病院検索・医院検索TOP