冠木小児科トップページへ

冠木小児科からのお知らせ

冠木小児科の医師のご紹介

冠木小児科のご案内

冠木小児科までの交通案内

リンク集

冠木小児科予防接種のお知らせ

予防接種情報(水痘定期接種化)
平成26年10月から水痘ワクチンが定期接種となります。接種対象者は生後12〜36か月未満のお子様です。 原則の接種方法は初回を生後12〜15か月に接種し3か月以上の間隔で2回目を接種となります。
予防接種について
予防接種はワクチンを接種することにより病原体(細菌やウィルスなど)に対する抵抗力をつけるものです。胎内で臍帯を通じで赤ちゃんに移行した抵抗力は生後半年程で失われますので、それに代わって予防接種により抵抗力をつけさせなくてはなりません。近年予防接種の種類が増え接種開始時期も早期になっているため、出生前から接種スケジュールを立てておくと良いかもしれません。当院ではワクチンの同時接種を行っておりますが、御希望の方には単独接種も行います。
当院での推奨は生後2か月時にHibワクチン+小児肺炎球菌の同時接種です。希望されればロタウィルスワクチンも同時に接種すると良いと思います。(ロタウィルスワクチンは経口接種であり注射ではありませんので赤ちゃんに負担にはなりません。)この時に保護者の方と相談して今後のワクチン接種のスケジュールを立てさせていただく事が出来ます。
予防接種について何かご質問があれば当院までお問い合わせ下さい。

予防接種スケジュールについては下記日本小児科学会ホームページも御参照下さい。
http://www.jpeds.or.jp/

予防接種の種類
予防接種には不活化ワクチンと生ワクチンの2種類があります。
不活化ワクチンは病原体の一部あるいは病原体の産生する毒素の一部を接種するもので通常3回以上の接種を必要とします。
生ワクチンは病原体の毒性を弱めて接種するもので通常1回か2回の接種です。
不活化ワクチン接種後は次のワクチン接種までは1週間の間隔をおく必要があり、また生ワクチン接種後は次のワクチン接種まで4週間の間隔をおく必要があります。

不活化ワクチン
Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、四種混合ワクチン(DTP-IPV)、B型肝炎ワクチン、日本脳炎ワクチン、二種混合ワクチン、子宮頸がん予防ワクチンなど
(不活化ワクチンには三種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンもありますが、平成24年度からの四種混合ワクチンの導入により、今後接種される機会は減少していくと思われます。)

生ワクチン
ロタウィルスワクチン、BCG、麻疹風疹混合ワクチン(MR)、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンなど

予防接種の接種年齢
1歳までに接種可能なワクチン
ロタウィルスワクチン、Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、四種混合ワクチン(DTP-IPV)、BCG、B型肝炎ワクチンがあります。
(なお生後6か月以降であればインフルエンザウィルスワクチンも接種可能です。)

1歳児に接種可能なワクチン
麻疹風疹混合ワクチン(MR)、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンがあります。
(なおHibワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、四種混合ワクチンそれぞれ1回ずつの追加接種もあります)

2歳以降に接種可能なワクチン
日本脳炎ワクチン、二種混合ワクチン、子宮頸がん予防ワクチンがあります。
(なおMRワクチンの追加接種があります。また将来は水痘、おたふくかぜワクチンも追加接種が予定されています。)

乳児期早期接種ワクチンの各論
乳児期2か月目から接種開始するワクチン(ロタウィルスワクチン、Hibワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン)について解説します。

ロタウィルスワクチン
ロタウィルスは冬から初春にかけて乳幼児に重症の胃腸炎を引き起こします。ロタウィルスワクチンを接種するとこの重症な胃腸炎を予防することができます。
現在このワクチンには2種類(ロタリックスとロタテック)がありますが、それぞれ接種回数(ロタリックスは2回接種、ロタテックは3回接種)と接種費用(費用はロタリックスの方が若干高め)が異なります。それぞれのワクチンについて詳細な解説が下記に示すホームページにありますので御参照下さい。なお接種時期、接種費用の詳細は当院までお問い合わせ下さい。本ワクチンは自費接種で高価な点が残念ですが、確かに効果は高いですので接種をお勧めします。

ロタリックスワクチン パソコンから http://LovesBaby.jp/
携帯電話から http://LovesBaby.jp/mobile/
ロタテックワクチン パソコンから http://www.35-rota.jp/

Hibワクチン
Hib(インフルエンザ菌b型:冬に流行するインフルエンザウィルスとは異なり細菌の1種)は乳幼児に細菌性髄膜炎を引き起こす細菌のうち最も頻度の高いものです。鼻腔やのどにこの菌を保菌している人がいるため、咳やくしゃみなどによる飛沫によって感染がおこります。通常5歳までに抵抗力ができますので発症は5歳未満の乳幼児がほとんどです。
効果は高く、アメリカでは5歳未満の人口10万あたり年間25人の患者さんが見られたのが、ワクチン接種により発症はほとんで0となりました。
接種回数は下記のとおりです。

標準的接種 生後2〜6か月までに 4〜8週間隔で3回接種
(3週間隔での接種も可能)し、1歳過ぎたら早めに追加接種1回。

接種開始が生後7〜12か月未満となった場合は4〜8週間隔で2回接種し、初回接種から7〜13か月までの間隔をおいて追加接種1回。
接種開始が1歳以降となった場合は1回のみ接種。

小児肺炎球菌ワクチン
肺炎球菌は人の気道に常在する細菌ですが、かぜを引いたりして局所の抵抗力が落ちると様々な感染を引き起こします。小児は抵抗力が弱いため比較的簡単に肺炎、髄膜炎などの重篤な感染症を引き起こします。また中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎などの軽症の感染症の原因にもなります。なお小児では細菌性肺炎の30%(1番目)、細菌性髄膜炎の20〜30%(2番目)、細菌性中耳炎の30%(2番目)が肺炎球菌により引き起こされます。
小児肺炎球菌ワクチンは90種類以上ある肺炎球菌のうち小児に重症感染を引き起こしやすい13の型に対し免疫をつけることが可能です。(平成25年秋からそれ以前の7種の型から13種の型にワクチンが改良されています。以前のワクチンで接種を終了された6歳未満のお子さんに対して、任意ではありますが1回の追加接種が受けられます。適応に関しては当院に御相談下さい。)
接種回数は下記のとおりです。

標準的接種 生後2〜6か月までに27日間以上の間隔で3回接種し、
生後12〜15か月の間に追加接種1回。

接種開始が生後7〜12か月未満となった場合は27日以上の間隔で2回接種し、2回目の接種後60日以上の間隔をおいて生後12か月以降追加接種1回。
接種開始が1歳以降2歳未満の場合は60日以上の間隔で2回接種。
接種開始が2歳以降では1回のみ接種。

肺炎球菌ワクチンの詳細は下記のホームページも御参照下さい。
http://haienkyukin.jp/