夜間の咳,脱毛治療 宮崎市,宮崎神宮,県立劇場そば 内科・小児科・消化器科・呼吸器科・循環器科・胃腸科・その他内科一般 神宮医院
神宮医院トップページへ
神宮医院からのお知らせ
神宮医院の医師のご紹介
神宮医院のご案内
神宮医院までの交通案内
神宮医院初診の方へ
神宮医院によくある質問
リンク集
神宮医院へのお問合せ
マイメッセージ
神宮医院/よくある質問
Q.診察に予約は必要ですか?
一般の診察は予約は必要ありません。

各種検診・予防接種(インフルエンザを除く)は予約が必要です。お電話もしくは受付でお尋ねください。
院内処方って何?どう違うの?
 文字通り、院内の受付でお薬をもらえる仕組みです。その際、お薬の説明を致します。また当院では説明書をお付けしています。院外処方は一度外へ出て他の場所でお薬をもらう方法で、別料金がかかります。

 院外処方箋を出す医療機関は、受付ではお薬を出しません。患者さんは処方箋をもらい、院外薬局でお薬を受け取る仕組みになっています。薬局もその調剤料・管理料・手数料などで報酬を受けますので、料金には当然差が出てきます。


 当院で院外処方を希望される方には処方箋をお出ししますので、お気軽にご相談ください。
インフルエンザの予防接種について
今年のワクチンにはA型(新型をふくむ)B型のワクチンが入っています。接種して抗体が出来るまで約2週間かかります。出来るだけ11月下旬までに受けて下さい。効果は約5〜6ヶ月間です。

 一般の風邪には効きません。
 また、予防接種をしたからインフルエンザに罹らないとはいえません。しかし、罹った場合軽い症状ですむことが分かっています。さらに、インフルエンザに罹った場合、要注意なのは脳症を起こすケースです(インフルエンザ脳症は死亡が高い)が、これは予防接種で防ぐことが出来るといわれています。


妊婦は妊娠初期は避けましょう(13週目くらい目までは避ける。但し、妊婦の方が接種できるワクチンは限られています。申し訳ありませんが当院では接種できません。)
卵アレルギーのある人は接種できませんが、昨年接種して問題なかった場合は接種できます。熱の有る方は接種をひかえましょう。
乳児がインフルエンザに感染した場合、いつまでもウィルスを出し続けます。家庭内感染・集団内での感染を広めない意味でも必ず接種しましょう。
効果はいつごろ出るの?
 接種してから最低2週間かかります。少しでも早めにうってください。出張などで上京する方、受験生は早めに。流行り始めてからうったのでは少し遅いと考えます。
  宮崎では例年12月下旬から流行し始めますが、いつ発生するかは分かりません。

 ワクチンは新型・季節型(A型、B型)いずれにも効果はあります。しかし目の前でくしゃみや咳を浴びた場合、まず感染してしまいます。しかし症状は軽くて済みます。
症状は?
かかって2日くらい経って、急な発熱(38度以上)、頭痛、筋肉痛、関節痛などの全身症状が一気に出ます。全身倦怠感、食欲不振も重なり、寝込んでしまいます。この辺りが普通の風邪と違うところです。咳や鼻水はすぐ後に続きますし、下痢が見られる事もあります。

 インフルエンザウィルスがからだに侵入して起こります。たった1個のウィルスは8時間後に100個になりますので、24時間で100万個に増えるわけです。だから急に症状が出易いのです。2日目がピークでその後は徐々にウィルスは減っていきます。健康な人でしたらほぼ1週間で完治します。
脳症って何?
 子供に多く見られます。3歳がピーク。急にわめいたり、怖がったり、意味の不明な言葉を発したり、突然吐いたり、痙攣などを起こしたりします。

 1/3は死亡し、残りの1/3も後遺症が残ります。大病院での厳重な管理が必要です。解熱剤との関連が言われていますが、必ずしも全部とは言い切れません。また解熱剤を使用していなくても起こりうるのですが、頻度は毎年50−200例とやや少な目です。ワクチン接種していると少ないと言う報告もあります。 
予防法は?
 やはりしっかりと手洗い、うがいをすることです。外出先から帰ったら必ずしましょう。30秒の水洗いでほとんどが落ちます。
部屋を暖め、加湿しましょう。

 
診断は?
 数々の診断キットが出回っています。中には5分でA型、B型の診断までできるものがあります。鼻の粘膜から液体を採るだけの簡単な検査で、当院にも置いてあります。C型は検出されません(陰性と出る)。しかしかかっても軽くて済む型です。
解熱剤は使って良いの?
 原則としてインフルエンザには使いません。特に子供には使いません。

 アスピリンは恐ろしいライ症候群という合併症がありますし、他の解熱剤も脳症を引き起こす可能性があるのです。アスピリンは絶対に使いません。

 もともとインフルエンザウィルスは熱に弱いので無理に下げる必要はありません。十分な水分補給、安静を保ち特効薬を飲んで解熱をじっと待ちましょう。

 しかしあまり高熱が続くとかえって良くない結果を招くこともあります。その際はやむを得ず使用することもあります。なるべく安全な薬(アセトアミノフェン=カロナールなど)を使いますが、万全ではありません。

 心臓に病気があって、アスピリン製剤を長期間服用している子供さんは、なるべく早くワクチンを接種しておきましょう。それと風邪を含め、かからない様にすることが大事です。
ワクチンをうった方が良い人とは?
 慢性疾患(糖尿病、気管支喘息、心臓病、腎臓病、脳血管障害後遺症、人工透析中、各種ガン、AIDSなど)の患者、65歳以上などの人は薦められます。毎年不幸にもなくなれる方の8割は65歳以上の方なのです。

 かかりやすく、またかかるとひどくなり(肺炎など)死亡率も上がります。また治るのに時間がかかります。受験生、医療関係者、教育関係者も早めにうちましょう。今は飛行機の時代ですので、たちまち蔓延します。
下痢と便秘を繰り返しますが・・・
 日本人に多いのが、過敏性大腸症候群という疾患です(10人に1人)。便秘と下痢を交互に定期的に繰り返す事が多く、その一方のみが出る人もいます。100%腹痛があります。特に外出すると出やすくなります(デパートで、バスの中で、人ごみに入ると、など)。治療に良い薬が出ました。1種類のお薬で便秘も下痢も止めてしまいます。朝1回の内服で、胃液と混ざりゲル状に変化〜腸内で下痢便は水分を吸収、便秘なら水分を出して、ちょうど良い硬さに変えるのです。一度ご相談を。
今流行っている溶連菌感染とは?
 感染性細菌のひとつが溶連菌(溶血性連鎖球菌)です。幼児〜学童(特に5〜15才)に多いのですが、大人でも罹ります。のどが赤くはれ痛みがひどく、高熱が出ます。よくリンパ腺もはれます。検査(咽頭の粘液検査;5分で分かる)で陽性が出たら抗生物質の10日間内服が奨められます(厚生省)。ひどい場合には腎臓の炎症、中耳炎、リューマチ熱、しょう紅熱などを合併。苺みたいな真っ赤な舌、指先の皮のめくれなどは要注意です。中途半端な治療でキャリア化し周りに撒き散らす事も。よく家庭内で感染します。特に小さなお子さんやお年寄りがいる場合、症状が出る前に予防的に抗生物質を服薬します。
咳の原因は?
 風邪が多いのですが、夜間止まらず眠れないマイコプラズマ(15分の検査で判明)が多く、他、喘息、肺炎、肺がん、結核も忘れてはなりません。他に見逃し易い病気に逆流性食道炎、脳血管障害があります。症状と検査で診断していきます。
脱毛治療薬って?
男性の脱毛抜け毛、などに効果があります。後退型の脱毛に特に効果が大きいのですが、半年は様子をみます。

 一日1回1錠内服します。副作用に痒み、多少の性欲減退が見られることがあります。

 女性には使えません。女性は割れた錠剤に触れてもいけません。

 PSA(前立腺ガンの指標)が高めに出る事があります。健診や治療中の方はご注意下さい。
病院検索、医院検索マイクリニックへ

Copyright (C) 2010 Jinguh Clinic All Rights Reserved.
お問合せはjinguh@myclinic.ne.jpまで| 病院検索・医院検索TOPへ