診療情報

■ワクチン公費負担制度の変更(平成25年4月1日)
平成25年4月1日からワクチンの公費負担制度が以下の様に変更になっています。
以下の詳細については練馬区保健所予防接種課 電話:tel:03(5984)2484へお問い合わせください。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/yobo/index.html
●ヒブ・小児肺炎球菌の定期接種化
対象年齢:生後2ヶ月〜5歳の前日
●子宮頸がんワクチン定期接種化
対象年齢:小6〜高1の女子
●水痘・おたふくかぜワクチンの一部助成
平成21年4月2日〜24年4月1日生まれの児:1回につき5,000円助成(2回まで)
接種可能期間:生後2ヶ月〜3歳の前々日(ただし平成25年9月30日まで)
平成24年4月2日以降生まれの児:水痘ワクチン1回につき3,000円助成(2回まで)、おたふくかぜワクチン1回につき3,000円助成(1回)
●成人風疹の緊急対策(練馬区):風疹ワクチン・麻疹風疹ワクチンの全額助成
19歳以上で今までに風疹にかかったり、風疹の予防接種を受けたことがなく下記の(1)または(2)に該当する方。
(1)妊娠している女性の夫(母子手帳で確認します)(期間:平成25年3月22日〜同9月30日)
(2)妊娠を予定または希望している女性(期間:平成25年3月22日〜同3月31日)
● 高齢者肺炎球菌ワクチンの助成(練馬区)
65歳以上の方ではじめての接種の方、または前回の接種より5年以上経っている方。
助成額は4,000円です。

■ 子宮頸がんワクチン接種勧奨差し控えの指示(更新日:2013年6月19日)
厚生労働省から練馬区を経由し以下の様な指示がありました。
「厚生労働省から平成25年6月14日に通知があり、ワクチンによる副反応について適切な情報提供ができるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨を差し控えることになりました。定期予防接種を中止するものではありませんので、希望する方は接種を受けられますが、ワクチンの有効性と副反応のリスクをご理解のうえ、予防接種をお受けください。
(子宮頸がん予防ワクチンを受ける皆さまへ「厚生労働省作成リーフレット」より)