お知らせ

こころとからだの相談をしてみませんか?

まだ言葉による表現が十分でないこどもたちには、身体的な症状によってこころの痛みを表現することが多いといわれています。
こころとからだは切っても切れない関係にあり、こころが弱っていればからだに影響し、からだが弱っていればこころに影響します。
そしてそれはこどもたちの成長にも影響を与えていくと考え、臨床心理士によるこころとからだの相談を受け付けています。

臨床心理士って?

こころの専門家と言われています。こころに関わることを大学・大学院で学びさらに病院・学校などで経験・研修を積んでいます。

こころとからだの相談の詳細はこちら

受付時間変更のお知らせ

2016年(平成28年)2月1日から当院の受付時間を下記のように変更いたします。


受付時間
 9:00〜11:30
12:00まで
 12:30〜16:00 × ×
16:00〜17:00 ×
慢性疾患予約のみ
× × × ×
予防接種・乳幼児健診は完全予約制で随時受け付けます。


変更に伴いご不便をおかけいたしますが、ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

                             石田小児科医院    院長 石田 明

こころとからだの相談を行っております。

臨床心理士によるカウンセリングを毎週水曜日の午前中に行っています。発達検査も行います。予約制ですので電話でお問い合わせください。


食物負荷試験のお知らせ(当院は小児食物アレルギー負荷検査の認定施設です)

食物アレルギーでは正確な診断が大事です。
当院では除去を必要最低限とし、早期に食べられるようにするために食事指導に加え食物経口負荷試験も行います。これは、食品を数回にわけて食べ、症状が出るかどうかを数時間かけてみる検査です。
次のようなご心配をおもちでしたらお気軽にご相談下さい。
○赤ちゃんの湿疹がひどくて、食物アレルギーが心配。
○入園・入学に際して、本当に食べられないのか知りたい。
○どのくらいの量なら食べられるのか知りたい。
○食べて症状が出るなら、緊急時のくすりがほしい。

食物経口負荷試験当日のながれ
朝9時ころに自宅から持ってきていただいた食品を摂取、次いで量を増やして摂取し、摂食可能かどうかを判断します。帰宅可能な時間は、11時半以降です。(夕方までかかることもあります。)

くわしくは受付のパンフレットをご参照ください。
負荷試験につきましては当科受診後、担当医師にご相談ください。

食物負荷試験の詳細はこちら