詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
アレルギー性鼻炎の治療法
アレルギー性鼻炎の治療法(総論)

アレルギーとは、外から体内に侵入した有害でない異物に対し‘有害である’と体が誤って認識し、過剰な反応(鼻炎の場合、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりetc)を起こす病気です。治癒はとても困難ですが、以下のこと(治療法)を行えば、症状をなくしコントロールすることは十分可能です。

(1)抗原の除去と回避
アレルギーの原因(抗原:アレルゲン)となっている花粉やダニ、ハウスダストが体内(鼻内)に侵入しなければ、どんなに重症の人でも症状は出ません。抗原を検査(皮膚テスト、または血液)きちんと調べ生活環境から遠ざける(清掃や除湿、マスクやメガネ使用など)ようにします。逆に抗原を無防備に吸い続けていると、頑張って下記の治療しても十分な効果が得られませんし、将来、重症化する可能性があります。

(2)薬物療法
アレルギー性鼻炎の症状は、鼻粘膜でヒスタミンロイコトリエンという物質が増えることで生じます。くしゃみ鼻みずはヒスタミンによって、鼻づまりは主にロイコトリエンによっておこります。それぞれのタイプと重症度に応じて、内服薬や点鼻薬などを使用します。主な副作用は眠気や倦怠感、胃もたれなどです。薬は効果が十分現れるまでに時間がかかる(数日〜数週間)ため、早めの治療(初期治療)と継続(継続治療)が大切です。病院やクリニックでは市販薬よりも副作用の少ない第2世代と呼ばれる薬剤を主に処方します。

(3)特異的免疫療法(減感作療法)
抗原エキスを極少量づつ皮膚注射して、過剰なアレルギー反応が起こらないように体質を改善しようとする治療法です。成功すれば安定した効果が得られます。低濃度から開始し、徐々に高濃度へ増量します(注射:1〜2回/週)。最低3ヶ月間必要です。維持量で効果がみられれば注射回数を減らし、1回/月とします。
短所:治療に時間がかかること極稀ですがショックあり。治療薬があるのはハウスダストとスギのみ

(4)手術療法
鼻粘膜の表面や粘膜下に薄い瘢痕(キズ)をつくって、抗原が侵入してもアレルギー反応が起こりにくくします。いくつかの方法(術式)がありますが、レーザー治療(当院では2種類)は入院の必要もなく短時間で行えます(治療前にガーゼ麻酔:約20分、レーザー照射時間:約5分)。ただし、くしゃみや鼻水がひどいとレーザー照射ができないため、最低限の前治療(1〜2週間)が必要です。炭酸ガスレーザーはほぼ無痛ですが、アルゴンレーザーでは照射中に少しだけ歯にビリビリ感がでます。短所:治療後、一時的に粘膜が腫れたり‘かさぶた’の付着のため、鼻づまりは一時的に悪化します。効果が実感できるのは平均して2〜4週後からになります。よって花粉症の場合、飛散開始の1ヶ月前までに行うのが理想です。1回の照射の効果は約1年間。
費用:医療保険適応。3割負担者で約9,000円。 
レーザー治療は下記の人に向いています。(希望の方は診察時に院長に申し出てください)
 ・毎年、特定の花粉の時期になると必ず症状がでる人
 ・症状のでる時期は、忙しくてたびたびの受診が困難な人
 ・これまでの治療で充分な効果が得られなかった人
 ・薬の長期服用に抵抗がある人、または理由あって服用できない人
 ・年齢:約12才以上