詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
滲出性中耳炎
滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

中耳(鼓膜の奥の空間)に液体が滲出し、貯まる中耳の病気です。痛みはほとんどありませんが、‘つまった感じ’や‘聴こえにくい’などの症状が出現します。乳幼児高齢者に多く、最近、急性中耳炎と同様に治りにくい例が増加しています。原因としてアレルギー体質、鼻炎や副鼻腔炎、アデノイド肥大など、様々な要因が考えられます。見逃されやすい病気ですが、長期間放置しておくと、将来、ゆ着性中耳炎など難治性の慢性中耳炎へ進展したり、風邪のたびに中耳炎を繰り返すなど後遺症を残すことがあります。きちんと治療し治しておきましょう。

滲出性中耳炎が起こる原因は大きく、以下の2つに分けられます。
(1)上気道の感染・炎症の波及
  耳と鼻の奥(上咽頭)はつながっており、上咽頭の炎症が持続しているために、
  中耳に炎症が波及して起こるもの
 (例:慢性副鼻腔炎、慢性咽頭炎など)

(2)耳管や中耳の換気障害(機能低下)
  耳管(‘じかん’という鼻と中耳をつなぐ管)は元々、中耳と外との換気を行い清潔に保つ
  機能があります。それが何らかの原因で機能が低下(または狭窄)し、
  換気が十分行われなくなったこと。 または免疫力の低下。
  (例:耳管狭窄症、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大、放射線治療後など)

上気道炎の適切な治療と、根気強い耳鼻科的処置(吸入や耳管通気処置など)が大切です!
*難治性になると、鼓膜換気チューブ挿入術が必要になることがあります!
  (幼児では全身麻酔が必要です)
*チューブ挿入術は中耳の滲出液の貯留を予防し、長期的には中耳の病的な粘膜が
  正常化
することを目的に挿入します。よって1〜2年間、挿入します。