詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから
詳しくはこちらから

医療法人犬童会 犬童耳鼻咽喉科/よくある質問

受付方法について
初診の方は、直接来院して受付をされて下さい。再診の方は、電話またはインターネット(PC/携帯電話)による受付サービスを行っております。(3日前の19時より可能、24時間対応) これで家に居ながら次回の診察の受付が完了します。あとは診察予定時間に受診するだけ。待ち時間が大幅に短縮できます。もし受付サービス枠が一杯の時は、当日に直接来院して受付を行って下さい。
●交互に枠がありますので、電話・インターネット受付の方が、診察の順番が早いわけではありません。
●このとき、ご案内している時間はおおよその診察予定時間です。その時間を目標に精一杯努力いたしますが、前の診察の方の内容により多少前後することがあります。
●診察予定時間に院内にいらっしゃらない場合、来院後に再び待ち時間(30分以上)が生じることがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。
鼻出血の応急処置について
・あわてず、出血している方の小鼻をつまんで下さい(圧迫止血)。
・椅子に座って、顔を下に向けて下さい。(上を向いて寝ると、血液が口へ流れて苦しくなります)
・鼻から喉に流れて口にまわった血液は、飲み込まずにそっと吐き出してください。
・なかなか止まらない場合は、ティッシュなどの柔らかいものを少し丸めて、1〜2cmほど挿入し、その上から小鼻を押さえます(約10分間)。
魚の骨などの異物をのどに引っかけた場合には
ご飯を丸呑みすると、かえって異物を深く押し込むことがあり危険です。まず何回かうがいをしてみて下さい。または30分ほど安静にしてみて下さい。それでも採れない場合は、飲食をひかえて、出来るだけ早く耳鼻咽喉科を受診するようにして下さい。
子どもの耳そうじについて
子どもの外耳道の長さは約2cm位です。内部の耳あかは自然に出て来て、外耳道の入口付近に貯まります。それを綿棒などで優しくなでる様にして拭き取ります。お母さんの膝枕などで、耳が天井を向くようにして明るい場所で行ってあげて下さい。耳たぶを後ろへ少し引くと外耳道の入口がさらに見やすくなります。注意点は…
 外耳道の奥は傷つきやすいため、入口より5mm以上深くはいじらないこと。
 そうじの回数:子どもは大人よりも耳あかが貯まりやすいですが、それでも週に1回位が適切です。
 けっして子ども(乳幼児)自身にはさせないこと。ときどき、奥の鼓膜を傷つけて受診する子がいます。