パーキンソン病のくすり
指導/山門穂高
京都大学大学院医学研究科臨床神経学


▼病気に関する基礎知識
 パーキンソン病とは、脳内のドパミン細胞を中心とする神経細胞が減少していく病気です。無動(むどう/動作が遅くなる)、固縮(こしゅく/筋肉のこわばり)、振戦(しんせん/手足のふるえ)、姿勢反射の障害(しせいはんしゃのしょうがい/姿勢を保てない)などの運動症状が中心ですが、睡眠障害、便秘・頻尿、気分の落ち込みなどの非運動症状とよばれる症状も出現します。はっきりとした原因は不明ですが、内服薬を中心としたさまざまな治療法(対症療法)が存在します。
▼治療に関する薬について
 ドパミンを補充するドパミン製剤(レボドパ)が治療の中心です。そのほかにドパミンを受け取るドパミン受容体を直接刺激するドパミン受容体刺激薬や、ドパミンを分解する酵素を阻害する薬剤などがあり、最近は貼付薬や自己注射薬も登場しています。時に幻覚や眠気、吐き気などの副作用が出ることがあるため、多くの場合、少量から開始します。年齢、日常生活や社会的な活動性などを考えて薬を選択します。
▼疾患との付き合い方
リハビリの例 日常生活において、大きな制約はありませんが、嚥下(えんげ/飲み込み)障害がある場合は、水分にとろみ剤を使用したり、きざみ食にするなどの工夫が必要です。また、転倒しやすくなったり、足のすくみが強い場合には、歩行器を使用したり、家の中の障害物を少なくするといった工夫も必要です。
 パーキンソン病には、現時点で根本的な治療はありません。ただし、適切な内服治療とリハビリにより、症状の進行を抑えることは可能です。病気とわかった早い段階から、このことを意識して生活することが重要です。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン