パーキンソン病とは
指導/山門穂高
京都大学大学院医学研究科臨床神経学


▼病気に関する基礎知識
 パーキンソン病とは、脳内のドパミン細胞を中心とする神経細胞が減少していく病気です。無動(むどう/動作が遅くなる)、固縮(こしゅく/筋肉のこわばり)、振戦(しんせん/手足のふるえ)、姿勢反射の障害(しせいはんしゃのしょうがい/姿勢を保てない)などの運動症状が中心ですが、睡眠障害、便秘・頻尿、気分の落ち込みなどの非運動症状とよばれる症状も出現します。はっきりとした原因は不明ですが、内服薬を中心としたさまざまな治療法(対症療法)が存在します。
運動症状
▼日常生活における注意点
 大きな制約はありませんが、嚥下(えんげ/飲み込み)障害がある場合は、水分にとろみ剤を使用したり、きざみ食にするなどの工夫が必要です。また、転倒しやすくなったり、足のすくみが強い場合には、歩行器を使用する、家の中の障害物を少なくする、風呂やトイレ・廊下に手すりをつけるなどの工夫も必要です。


▼症状の進行を抑えるために
 残念ながら現時点で根本的な治療はありません。ただし、適切な内服治療とリハビリにより、良い状態を長く保てる(進行を抑える)ことが分かっています。病気とわかった早い段階から、このことを意識して生活することが重要です。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン