アルコール依存症とは
指導/長 徹二
三重県立こころの医療センター


▼病気に関する基礎知識
病気に関する基礎知識 アルコール依存症を簡単に説明すると「飲酒のコントロールがつかなくなり、飲酒中心の生活となる脳の疾患」です。重要なポイントは「コントロールできないこと」です。酒の瓶を見ただけで急激に飲みたくなる脳の変化も画像研究で示されています。飲酒をコントロールできないのですから、治療は酒を一滴も飲まないようにしていくこと(断酒)に尽きます。
▼食事・運動などの生活における留意点
食事・運動などの生活における留意点 食事を摂らずに飲酒することが続けば、歩行が不安定になったりする危険性が高まりますので、規則正しい食事を心がけてください。また、運動に関しては、断酒して間もないころは転倒しやすいため、無理のない範囲で行ってください。そして、食事と運動は睡眠にも関係します。再飲酒のきっかけにもなりますので、眠れない場合は医師に相談してください。
▼再発・予防のための対策
 治療を始めたころは飲酒欲求が強くて、些細なきっかけで再飲酒に至ってしまうこともありますが、根気よく治療を続けていけば回復が軌道に乗ってきます。趣味をもつただし、単に飲むか飲まないかという行動ばかりを重視しすぎて、人間としての尊厳や生き方の回復といった面を軽視してはいけません。特に若い人ほど、対人関係やストレスへの対処法などの根本的な生き方の問題を治療の中で重要視する必要があります。つまり、治療の中心は飲酒しなくても過ごしていけるための工夫を考えることになります。
イラスト:牧野有華(作業療法士)


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン