関節リウマチとは
指導/小笠原倫大
順天堂大学 膠原病内科


▼病気に関する基礎知識
 全身のさまざまな関節に炎症が起こり、こわばり、疼痛(とうつう)、はれなどの症状が特に朝方に強くみられる疾患です。関節が熱をもち、赤くはれて痛むのが特徴です。さまざまな関節に炎症近年、リウマチの治療法は飛躍的に進歩し、寛解(かんかい)状態にまで改善することが実現可能になりました。専門医のもとで病状をしっかりと評価した上で、抗リウマチ薬や必要があれば注射剤の生物学的製剤も含めて状態に合った薬物を選択し、適切に用いることが大切です。
*寛解……症状が落ち着き安定した状態
▼運動・食事などの生活における留意点
 リウマチの治療で大切なのは薬物療法だけではありません。日々の生活での運動、関節保護、食事などにも工夫や注意が必要です。種類は問いませんが、運動を行うことで筋萎縮(きんいしゅく)の予防、関節可動域の維持と改善、関節を支える力の増加が期待できます。太ももに力を入れる運動痛みを伴う運動や翌日に症状が悪化するような運動は避けましょう。運動の基本は、筋の持久力を向上させ、かつ関節に負担の少ない等尺性(とうしゃくせい)運動です。衰えやすい足の筋力の維持・向上には、膝(ひざ)を伸ばした状態で太ももに力を入れる運動を行うだけでも効果を実感できます(右図)。リウマチでは貧血傾向が見られます。またステロイド剤治療では骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になりやすくなります。これらの貧血や骨量の減少を改善するため、鉄・カルシウム・ビタミンDの補給を心がけ、定期的に検査を行い状態を把握することが大切です。
*等尺性運動……関節を動かさずに、筋肉に力を入れる運動
▼再発・予防のための対策
 薬の減量や中止を自己判断ですることなく継続し、関節への負担を避けることを心がけ、十分な睡眠と短時間の昼寝などでストレスや疲れをためないように生活することをお勧めします。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン